診断士の遠吠え生活〜中小企業診断士pingpanの診断士関連ブログ〜

  • カテゴリ 読書 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

診断士の遠吠え生活 - 読書カテゴリのエントリ

こんにちは。

「中小企業振興」新聞の最新号(5月15日号)がアップされていました。
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/shinko/sinko/index.html

本号の特集は、2013年版中小企業白書について。
小規模事業者に焦点を当てた今年の中小企業白書について、概要がまとめられていました。
まだ白書を読めていない方は、記事を読めば白書の大枠トレンドがつかめますので、さくっと読むことをおススメいたします。
白書に書かれた以下のポイントは、個人的にチェックでした。(いまの執筆原稿に使えそうなフレーズだったのでww)
 ・中小企業・小規模事業者は地域経済において重要な役割を担っており、雇用の7割弱を生み出している
 ・中小企業・小規模事業者は女性の雇用でも重要な役割を果たしている
 ・従業員規模が小さな企業ほど、管理的職業従事者に占める女性の割合が高くなる

そのほか、トピックは以下の通り。
 ・5月29より開催『中小企業総合展2013 in Kansai』
 ・景気動向 賃金デフレ脱却の可能性
 ・海外展開に向けた支援について6機関合同で説明会を開催

最新の中小企業施策がわかる唯一(?)の新聞ですから一読の価値はありでございます。

それでは。
こんにちは。

遅くなりましたが、「中小企業振興」新聞の最新号がアップされていました。
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/shinko/sinko/index.html

5月1日号は、「中小企業の海外展開支援」が1面トップでした。
平成25年度「中小企業海外展開支援事業」に関する説明会の模様が掲載されています。
この説明会では、外務省・経済産業省・JICA・ジェトロ・中小機構がそれぞれで実施している海外展開支援事業を説明したとのことです。
おそらく五者五様の支援をやっているでしょうから、このあたりは情報をうまくキャッチアップしておきたいところです。
新聞2面にも、それぞれの支援メニューのポイントがまとめられていますので、興味ある方はご参照ください。

あと、商工総合研究所が行っている平成25年度「中企業懸賞論文」「中小企業組織活動懸賞レポート」の募集告知が掲載されていました。
それぞれのテーマで論文を送って入賞すれば賞金が贈られます。
入賞された論文を持つことは、診断士として箔がつきそうですから、ぜひネタがある方が応募してみてはいかがでしょうか。
詳細は、以下のURLをご確認くださいませ。
http://www.shokosoken.or.jp/jyosei/jyosei.htm

それでは、午後からもお仕事がんばりましょう ^ ^

では。

ふぞろいな合格への道

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2012/12/28 12:27
こんにちは。

診断士受験生のバイブル雑誌「企業診断」の1月号で『ふぞろいな合格答案』執筆メンバーのOB/OGで新連載を開始しました。

題して「ふぞろいな合格への道」☆☆
毎月1次試験と2次試験に向けて合格に必要なことをお伝えしていきます。
特に2次試験については、これまでのふぞろいで蓄積してきた合格に必要なことをトレーニング付きで紹介しています。
来年の受験に向けて今から実力を蓄えておきたい方は、ぜひお手に取って読んでみて下さい。

ワタクシも2次試験担当として隔月で登場いたしますよ。
(初回は2月号に書いてます。)

ということで、ぜひ読んでみて下さいまし m(_ _)m
よろしくお願い致します☆☆

企業診断1月号の目次は↓
http://www.doyukan.co.jp/item_2013011.html
目次の右下の方に新連載として載ってます (^ ^)

1年間通じて企業診断を読んで合格レベルに達したい!!という方、毎月本屋に行かなくても年間購読ができます。これで合格間違いなし!?
企業診断年間購読
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1568)

「中小企業振興」新聞 (H24/11/01号)

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2012/11/6 22:57
こんばんは。

中小企業振興新聞の11月01日号が掲載されました。
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/shinko/sinko/index.html

※中小企業振興新聞は、中小企業基盤整機構が発行している、国の中小企業施策に関する情報や、中小企業経営に役立つ情報、並びに中小機構が行っている事業を広めるための新聞です。

本号では、10月10日から3日間東京ビックサイトで開催された「中小企業総合展JISMEE2012」の模様が特集されていました。
過去最大の800社・団体が出展し、総勢48,000人が来場したとのこと。
中小企業総合展は、優れた製品・技術・サービス、ビジネスモデルなどを有する中小企業が一堂に介し、展示やプレゼンテーション等を通じて販路開拓や市場進出、業務連携といったビジネスマッチングを図ることが目的のイベントです。

個人的に時間を作っていきたかったのですが、残念ながら行くことができませんでした。
が、記事のおかげで当日の様子がなんとなくでも把握することができました。

いくつか特別講演の内容が紹介されていましたが、その中で特に気になった内容を紹介します。
----------------------------
【特別講演「潜在的なポテンシャルを顕在化させる」】
大手企業とのマッチングでは、大手企業は良いものを必死で探しており、中小企業が大手と組む上では、以下のような視点を大事にして欲しいという声がある。
 ◇ 良いことだけでなく、本当のことを話して欲しい
 ◇ 書式や形式は二の次
 ◇ 自社製品を導入することで生産効率があがるなどの具体的な強みをしっかり提案する
 ◇ 資料ではなく実物、サンプルが見たい
 ◇ 常に自社製品を持ち歩きプレゼンをする社長もいる
----------------------------
【特別講演「進化したBtoBマーケティング」】
「BtoC社会」は、インターネットが普及し、個人が組織化され「新BtoB社会」になった。
新しいBtoB社会における現在では、BtoCのマーケティングであった「AIDMA」ではモノが売れない。
企業(組織)は、効率によって購買の可否を判断すること前提とした「A(課題)、S(解決)、I(検証)、C(同意・承認)、A(購買)」モデルに基づいたマーケティング手法を導入すべき。
企業(組織)が、購買を決定する過程では多彩な人間が関与するため、それぞれの立場や性格を考えて行動することが大事。

※ASICAモデルについては、以下の記事が参考になります。
http://kawachi.livedoor.biz/archives/1559028.html
----------------------------

という感じで、実際に参加していればなかなか興味深いものがたくさんあっただろうなっと、参加できなかったことをちょっと後悔しております・・・

ちなみに次回は「中小企業総合展2013 in KANSAI」として平成25年5月29日から31日までの3日間、大阪で開催されます。
ただいま、出展者を募集中とのことなので、ぜひ顧問先等で新しい販路開拓を希望される中小企業がいる方は、ご紹介してみてはどうでしょうか。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1499)

「中小企業振興」新聞 (H24/10/15号)

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2012/10/17 23:50
こんばんは。

中小企業振興新聞の10月15日号が掲載されました。
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/shinko/sinko/index.html

※中小企業振興新聞は、中小企業基盤整機構が発行している、国の中小企業施策に関する情報や、中小企業経営に役立つ情報、並びに中小機構が行っている事業を広めるための新聞です。

本号では、横浜で開催された「ベンチャーSPIRITS2012」の様子が特集されていました。
「ベンチャーSPIRITS2012」とは、チャレンジ精神の重要さを広め、創業やベンチャーに対する理解・関心を高めて創業を促進するイベントとのこと。
9月25日に横浜で開催され、今後10月22日に京都、来年2月に東京と3回開催される予定です。

記事の中で印象的だったのは、横浜のイベントでアルプス技研の創業者松井氏の講演内容。
なかでも、「成功している経営者」と「失敗している経営者」のポイントについてが、一見当たり前の内容に見えて身につまされる感じがして、非常に興味深かったです。
氏が語る成功している経営者は、
1. 神経は細かく(繊細)、決断は思い切って大胆
2. 根気強く実現する
3. 常にビジネスセンスを磨こうと努力している
4. 命をかけて体を張って事業を進めている
とし、「成功とは成功するまであきらめずに続けること」と強調。

一方、失敗する経営者は、自分に甘い人(自己統制力がない人)で、
1. 自己顕示欲が強く、見栄を張り、嘘をつく
2. 謙虚さを失い、調子に乗り有頂天になっている
3. 合理性を失い、感情が主となる人
4. 失敗する理由と失敗の言い訳を考えている
5. 常に自分を成長させる勉強をしない
をあげられました。

創業に関わる色々な情報収集や熱い思いが感じれそうなイベント。
面白そうな感じですので、東京開催の時は参加してみたいと思いました。
ちなみに、事前申込制で参加費は無料です。
興味ある方は、ぜひ☆☆
申込はこちらから→ https://j-venture.smktg.jp/public/

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1097)

「中小企業振興」新聞 (H24/10/01号)

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2012/10/2 23:50
こんばんは。

中小企業振興新聞の10月1日号が掲載されていました。
http://www.smrj.go.jp/kikou/info/shinko/sinko/index.html

本号では、主としてH25年度予算の経産省概算要求の中で「中小企業関連」の要望枠について紹介されていました。
H25年度予算の概算要求額は、中小企業対策費として24年度当初予算と比較すると254億円増加。(計1314億円を計上)

新規としてあがっていたものには次のようなものがありました。

【知識サポート・経営改革プラットフォーム事業】
 中小・小希望事業者が専門家などから知識・ノウハウを気軽に提供してもらえるITクラウドを活用したプラットフォームを構築する事業 (地域プラットフォームも構築)
【ちいさな企業未来補助金】
 新しい企業・創業への補助金 (グリーン、ライフ、農林漁業などの分野を対象)
【主婦層向けインターンシップ事業】
 主婦層が再度社会参画できるよう、実践的な職場実習制度を創設する
【地域海外展開中小企業発掘・事業化支援事業】
 中小企業の海外展開支援。現地企業発掘〜海外事業展開までの一貫した支援を実施。
【中小企業海外高度人材育成確保支援事業】
 海外の優秀な現地人材の確保のため、海外の大学・高専などを連携して日本企業文化講座やインターンシップなどを委託する
【ものづくりマイスター活用技術・技能承継促進事業】
 ものづくりマイスター制度を創設 (文科省、厚労省・経産省の連携)
【中小企業経営力強化資金融資事業】
 認定経営革新等支援機関を活用した企業を対象にした日本政策金融公庫の低利融資制度を創設
【中心市街地魅力発掘・創造支援事業】
 中心市街地にて、まちづくり会社などが行う一定の事業で、リスクが高く民間では実施が難しい実証的な取り組みに対して補助する
【農業成長産業化実証事業】(説明省略)
【消費税転嫁円滑化相談窓口設置等事業】(説明省略)
【クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業】(説明省略)
・・・など。(このほか、復興関連についてもいくつかあります。)

このすべてに予算がつくかどうかはわかりませんが、こうした項目を見ていると、H25年に国が中小企業施策として新たにどのようなことをやろうとしているかということがわかるかと思います。

あと、10月10日〜12日で東京ビックサイトで開催されるイベント「中小企業総合店JISMEE2012」も紹介されていました。
中小機構が主催のイベントで、国内最大級の中小企業ビジネス・マッチングイベントです。
中小企業などが800社、それに加えて各種支援機関も多数参加とのこと。
事前登録制&入場無料なので、興味ある方はぜひ。ワタクシも行きたい・・・が、ちょっと難しそうだな (> <) と思いつつ、念のため事前登録だけはしておきました。もしかしたらうまく時間見つけていけるかも・・・?
http://www.smrj.go.jp/jismee2012/

そういえば、タイで訪問させていただいた工業団地の担当者の方もこれに参加するって言ってたような。たぶんこのイベントだったと。

それでは。

競争の戦略。

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2012/7/4 23:50
こんばんわ。

競争の戦略』を買いました。

思えば、診断士の勉強を始めて、ここに書かれていることを間接的には勉強してきました。
が、ちゃんと元の本を読んでませんでした。

これはいかんと思い、まずはポーター先生の本から読みなおします。
そういえば、先日某先生から5000円以下の本なんて読むな!と怒られたところ。
これなら、大丈夫だ。
(とはいえ、5000円以下の本にもいい本はたくさんあるので、読みますけどね。ww)

ちゃんと原理原則を理解できるようにしておきます。

それでは。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1235)

士業として成功するために・・・

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2012/6/6 14:09
こんにちわ。

今日は、士業として活躍をしたい方におすすめの2冊を紹介します。

現在、あるセミナー塾でお世話になっている中小企業診断士の東川先生の著書が2冊同時に発売中です。

士業のための「生き残り」経営術 (角川フォレスタ)
依頼の絶えないコンサル・士業の 仕事につながる人脈術 (DO BOOKS)

2冊同時著書は、非常に大変だったようですが、その分著者の想いとノウハウがふんだんに詰まったこの2冊は、まさに買いです。
ワタクシのように、これから士業として生計を立てることを目指すような人にとっても、目からうろこのノウハウがたくさんつまっています。
まだワタクシは、「士業のための〜」しか読めていないのですが、これだけでこれから独立までにやるべきことが、たくさん見えてきました。
まずは見込み客のリスト作りと仕組み作り、これを実施しようと決めました。

著者の成功事例をここまで紹介してくれているのですから、読んで損なし真似して損なし。
2冊約3,000円でこのノウハウが知れるのですから、ぜひ買って読んでみてください。
↓アマゾンキャンペーンは、こちらから↓
http://www.npc.bz/book34/amacam/

ワタクシも、時分の成功ノウハウ本、書けるくらいにがんばろーっと (^ ^)b
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1240)

青色申告。

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2012/5/8 23:50
こんばんわ。

そんなたいした意味はないのですが、青色申告について勉強してみました。
使った本はこちら。
フリーランス・個人事業の青色申告スタートブック[3訂版]

3回改訂されて発売されているだけあって、非常に解りやすい本でした。
本書による青色申告の主なメリットは以下の通り。
・最高65万円の青色申告特別控除
・赤字を将来の黒字と相殺
・たな卸しで、税金が安くなる計算方法が選べる
・30万円未満の資産は、購入年に全額経費計上
・売掛金の一部を必要経費に計上
・家族への給与は全額経費に
・自宅開業では、家賃や電気代も経費に

まぁ、ようするに個人事業主やるなら青色申告はやろうぜ!!ということですね。
手間も、そんなにかからないからやらなきゃ損だぜ!!というスタンスで本書は書かれていました。
実際にやったことないからわかりませんが、まぁそうなんでしょう。
常日頃から家計簿は付けてますので、そのノリでできそうな気がしました。
とはいえ、こうした勉強も実際にやってみて初めて身に着くと思いますので、いずれかの機会に青色申告を実際にやってみたいと思います。
サラリーマンやってたら、まずやることはないですからね。

といってますが、別に何か特別な意味があるわけではありません。
ただ、連休のときに帰りの飛行機で読む本がなかったので、たまたま目に入った本書を暇つぶしに買ってみただけです。

今日は、あんまり書くネタがなかったので、こんな感じで。w

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1538)

企業再生関連本。

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2012/5/1 23:50
こんばんわ。

最近、ゆっくり本を読むことができていなくて、積読状態が続いている本がたくさんあるのですが、たまには本を読まねばということで、企業再生関連の本を2冊読みました。

◇『ケースブック 企業再生
◇『決断と再生―中小企業をどん底から救った男たち

最初の『ケースブック 企業再生』の方は、企業再生の一通りの知識を得るには最適な1冊。
事例企業は中小企業ではなくて、"マイカル"とか"ダイエー"とか"ケンウッド"とか大きな会社が登場してきます。
その中で、再生に必要なスキームが一通り解説とともに登場してきますので、読み終えることには漠然と企業再生ってどんなもの?というイメージが湧くようになりますし、専門用語も一通り理解できるようになります。
2005年の本なので、やや古いのですが、誰しもが耳にしたことがある企業の再生事例が紹介されており、当時の舞台裏が垣間見えます。
企業再生に興味ある人が、まず読んでみるといい本かもしれません。
(あまり深い内容ではないので、初心者向けですね。)

2冊目の『決断と再生』は、中小企業診断士の方が書いているので、1冊目と比較するとより身近な話になります。
実話にもとづく7つの物語を通じて、中小企業の再生現場を疑似体験できます。
TAMが登場したり、診断士が登場したり、他の士業が登場したりと、それぞれがどのような思惑で企業再生に関わっていくのか、とても読みやすく、それでいて勉強になる1冊でした。
なにより、実話がもとになっているので、内容にリアリティを感じました。
コンサルタントのフレームワーク―経営診断の基本的な手法を身につける!』と同じく、マスターコースYCSからの出版。
ですので、書き手はすべて診断士。
診断士目線で書いているというのが、なにより読んでいて興味深くサクサクと読み終えることができました。
診断士で、企業再生に興味ある方は読む価値ありの1冊です。

そんな感じで、2冊読書終えました。
次は、もう少し難しい目の再生系の本を読むと致します。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2388)

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 5555
昨日 : 281281281
今週 : 1178117811781178
今月 : 1102011020110201102011020
総計 : 1650969165096916509691650969165096916509691650969
平均 : 767767767

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

執筆者〜pingpan

当サイト管理人
2011年中小企業診断士試験にストレート合格。2012年4月に中小企業診断士登録。1年間の企業内診断士の活動を経て2013年4月に診断士として独立。独立診断士として活動する中でさらなる高みを目指して診断士仲間を誘い株式会社を設立。2014年10月株式会社コムラッドファームジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。 東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)コーディネータ/エキスパートバンク登録専門家/TAC中小企業診断士講座専任講師(企業経営理論・財務会計・運営管理・経済学・2次対策を担当)など

オススメの1冊

ふぞろいな答案分析〈2〉

診断士2次試験突破に必要な1冊。2011年〜2013年の本試験の答案分析結果がまとめられた貴重な1冊です。

カレンダー

« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

診断士関連ブログ

色んな診断士ブログが集まってます。どうぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

中小企業診断士ランキング