診断士の遠吠え生活〜中小企業診断士pingpanの診断士関連ブログ〜

  • カテゴリ 二次試験総括 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

診断士の遠吠え生活 - 二次試験総括カテゴリのエントリ

平成26年度 2次試験合格発表

カテゴリ : 
合格への道 » 二次試験総括
執筆 : 
 2015/1/6 13:26
みなさん、こんにちは norikoです

本日はなんの日か、、平成26年度の2次試験合格発表の日です。

統計はコチラ、、
https://www.j-smeca.jp/attach/test/h26/h26_2ji_toukei.pdf

今年の口述試験の合格率は、例年通りほぼ100%のようでしたね。
口述試験を受験された方、おつかれさまでした!

私も口述試験を受けたことがあるのですが、終わった感想は
「これでよかったのかしら、、」でした。
※その後、無事に通過することが出来ましたよ。

ひとつ気づいたことがありまして、それは、
「あ、この試験、何が良かったから合格したって教えてくれないんだ」
という、アタリマエのことでした。

受験生時代は、1つの答えがあるはずだ、いやいや、解答はいろんな
バリエーションがあるはずだ、、という考えをアッチに行き、コッチに行き
していました。

口述試験の合格発表を見たとき、
結局は「相手の聞きたいことに対し、因果関係を持って、分かりやすく伝える」
ことができてるかどうかであって、あんまり内容の正確性は
関係ないのかな、ということを考えていました。

とりとめのない記事になってしまいましたが、
自分の考えにあんまり固執しすぎないように、というお話でした。

お役立ていただけるような記事を書いていきますので、
今年もどうぞよろしくお願いします。
noriko
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1913)

試験当日の生問題用紙。

カテゴリ : 
合格への道 » 二次試験総括
執筆 : 
pingpan 2012/1/12 21:35
こんばんわ。

今、勉強会で講演するために「私の80分プロセス」の発表資料の仕上げをしているのですが、その中で今年の2次試験の問題用紙を張ることにしました。
ということで4事例ともデジタルデータに変換したのですが、すべてを資料の中に盛り込むとボリュームオーバーになってしまいます。
せっかくデジタルデータにしたものを、埋もれさせておくのはもったいないので本サイトにアップしました。
大して参考になりはしませんが、試験当日ワタクシが考えた思考の一端が垣間見えます。
けっこう焦って、ミスった様子も生々しく残ってます。
無修正でアップしてますので、興味ある方はご覧ください。

http://consul.pingpan.com/modules/pico/index.php?content_id=14

ちなみにワタクシは試験中は
・シャーペン
・蛍光ペン (1色)
・赤ペン
の3つを使って解いてました。

アップしたデータを見てもらうとわかるのですが、各事例ごとに使っている蛍光ペンの色が違います。
これは、最初2次試験を始めた時は1事例で蛍光ペン4色を使うため4色買ったものの、途中のプロセス変更で利用する色が1色となり、同じ色ばかり使っていると既に買った3色が利用されないままになってしまうため、まんべんなく蛍光ペンを消費させようと仕方なく事例ごとに色分けしたことによります。
つまり、特別な意味はありません。ww

という感じです。
こんばんわ。

2次試験を経験して思ったのは、合格するには多少の運も必要だなっということ。
2次試験は、国家試験なので正解は確実に存在する訳ですが、その正解解答が発表されないため結局何がよかったのかということは正確にはわかりません。
また、論述式のため同じ内容の記述でもちょっとしたニアンスの違いで正解として扱われたり不正解として扱われたりすることも想定されるため、それらの不確実性がより不透明感を大きくしていると思われます。

となると、やっぱり合格には運という要素もあるだろうなっと。

例えば、「字が汚ければ採点されない」という仮説が本当だったとします。
そして、同じくらいの字の汚さのAさんとBさんが試験を受けたとします。
そのとき、Aさんの答案を採点したa採点官は答案の字が汚く読みにくいと"思った"ため答案を採点せず、結果Aさんは落ちました。
一方、Bさんの答案を採点したb採点官はその答案の字が汚かったのですがあまり"気にならなかった"ので採点し、結果Bさんは合格しました。

このとき、Aさんは落ちるべくして落ちた訳ですが、Bさんは運良く合格したということになります。

ということが、採点官が同一人物でなく機械的な採点が難しい2次試験においては、様々な状況下で起きていてもおかしくないなっというのが2次試験だと思います。(実際に起きているかどうかはよくわかりません。)

しかしながら、運悪く落ちたということはないのかなと思います。
先の例では、運悪く落ちた訳でなく字が汚くて落ちたという落ちた原因がハッキリしています。
つまり、合格には運良く受かったという場面があり、不合格には落ちた原因が何かしら存在するということが言えるのではないかと思います。
この推測が正しければ、落ちたときに運が悪かったと片付けるのではなくきっちりとした敗因分析が必要ですね。

合格に運あり、不合格に不運なし。
運気をあげる方法って何かあるのはわかりませんが、多少日頃の行いをよくしておくことも重要なのかなっと思ったり思わなかったりします。w

2次試験って、奥が深いですねぇ〜・・・

事例振り返りシート。

カテゴリ : 
合格への道 » 二次試験総括
執筆 : 
pingpan 2012/1/2 23:57
こんばんわ。

2次試験を勉強する中で最も効果的だったと思うのが「事例振り返りシート」でした。
ワタクシが通っていた学校では授業の中で振り返りシートが配布されていたので、それを利用してましたが、毎回事例を解くごとにそこにできたことや反省点などをまとめていました。
最初の頃は単純にまとめていただけなのですが、数事例たまってきたときにそれらを並べてみると自分の癖とかよく間違える部分が明確に見えてきました。
事例ごとの癖が見えてきて、自分の課題を立てる際に大きく役立ちました。

1次試験後の11週間で2次合格レベルに達するためには、適切な課題を立ててその課題を克服するための勉強をする必要がありました。
その課題を発見するために振り返りシートが大いに役立ちました。

事例演習はやもすると解きっぱなしになりがちですが、毎回振り返る時間を設けてそれをきっちりまとめておくことで、効率的な演習ができたと思います。

2次試験の勉強は、奥深いですねぇ〜・・・

一歩ずつ、一歩ずつ。

カテゴリ : 
合格への道 » 二次試験総括
執筆 : 
pingpan 2011/12/29 22:50
こんばんわ。

1月6日までは、受験勉強ネタを扱っていきたいと思います。
でも、1月6日の合格発表が終わったら、基本勉強ネタは封印。(忘れて書いてしまうかもしれないけど・・・)
そこから先は診断士として次のステージのことを書いていきたいと思います。

思い起こすと、今からちょうど1年前くらいにTACの2次スタートアップという授業で初めて2次試験というものに触れました。
あのときは、この2次試験というものがものすごく大きな壁に見えました。
というより、その本質もよくわかっていなかったので、必要以上に巨大な敵に見えていました。
年が明けて1月初めて事例を解いたとき、80分なんかで終わる訳もありませんでした。
数時間かけてやっと書いた解答を添削に出して返ってきたら24点って返ってきました。
うーん、9ヶ月後に自分は合格するような答案が書けるようになるのか・・・というか、どうしたらいいのだろう。
ただただ、そう自問するだけでした。

それから9ヶ月が経ち、2011年10月の2次本試験の場、何度も心が折れそうになりながらも、体にしみついた80分の戦い方を忠実に実行し泥臭く食らいついていくことで合格をいただける解答が書けるようになっていました。

9ヶ月、細かい話をすれば色々とあったけど、結局やったことは自分自身に1つ1つ課題をかしてそれをどん欲に解決していくということだけでした。
その道しるべを示してくれたのは、恩師であることは間違いありません。
そういう意味では、自分にあったいい指導者に出会えたことは合格への重要な布石でありました。
そんな感じで9ヶ月前には全く歯が立たなかったものに対して、一歩ずつ階段を上っていくといつの間にか対等に戦えるようになっていました。
今年の合格の感覚は、まさにそんな感じでした。


話は変わりますが、合格後、少しずつ診断士というつながりで色々な方とお会いする機会が増えてきました。
正直、今の自分から見るとすごい方ばかりで、自分は同じ土俵で仕事できるようになるのだろうかと気後れしてしまうことが多々あります。
でも、これも一つの大きく成長できるチャンスなんですよね。
次のフィールへ進めたということで。
2次試験のときと同じように、1つ1つ階段を登っていけばいつか同じ土俵でお仕事をさせていただける日が来るのだと思います。

一歩ずつ、一歩ずつ。
日々成長できるようにやっていこうっと。

年の瀬に、来年のことを考えながらフッとそんなことを考えたひとときでした。

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 292292292
昨日 : 503503503
今週 : 1750175017501750
今月 : 7635763576357635
総計 : 1619321161932116193211619321161932116193211619321
平均 : 777777777

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

執筆者〜pingpan

当サイト管理人
2011年中小企業診断士試験にストレート合格。2012年4月に中小企業診断士登録。1年間の企業内診断士の活動を経て2013年4月に診断士として独立。独立診断士として活動する中でさらなる高みを目指して診断士仲間を誘い株式会社を設立。2014年10月株式会社コムラッドファームジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。 東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)コーディネータ/エキスパートバンク登録専門家/TAC中小企業診断士講座専任講師(企業経営理論・財務会計・運営管理・経済学・2次対策を担当)など

オススメの1冊

ふぞろいな答案分析〈2〉

診断士2次試験突破に必要な1冊。2011年〜2013年の本試験の答案分析結果がまとめられた貴重な1冊です。

カレンダー

« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

診断士関連ブログ

色んな診断士ブログが集まってます。どうぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

中小企業診断士ランキング