診断士の遠吠え生活〜中小企業診断士pingpanの診断士関連ブログ〜

  • カテゴリ 診断士スキル の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

診断士の遠吠え生活 - 診断士スキルカテゴリのエントリ

こんにちは。

今日は企業訪問からスタート。
町工場の社長に相談事があって訪問をしてきました。

色々とお話をしてきましたが、もっとも印象的だったのが「モノ作り」と「モノ売り」は違うというお話。
かつてこの社長は下請けを脱して自分たちのオリジナル製品を作ろう!と数々のいいものを作ってきたそうです。

「技術的に優れたいいものを作れば売れる」

エンジニアとして自信のあった社長は、この考えのもと社会的にニーズが高く技術的に優れた製品を作られてきました。しかし、どうしても売れない。
タダで使っていいと言っても誰も使ってくれなかったそうです。

この時に
「モノ作りしかできない町工場がどんなにいいものを作っても誰も買ってくれない。売るためにはモノ売りという別の考えが必要なのだ」
ということに気付いたそうです。

モノ作りとモノ売り、これらは車輪の両輪のイメージ。
いずれが欠けても駄目だし、この2つを連動させて動かさないといけない。
これを実現するためには、マーケティングが大切になってくるということに気付いたそうです。

いいものが必ず売れるとは限らないということは頭では十分わかっていました。
が、今回の社長の言葉はそれを実体験で経験したうえで語っていた内容でしたので、より印象的なお話に聞こえました。

最後に社長は一言「世の中は食わず嫌いだから。」と。

日本ではいい技術の9割以上が、「モノ売り」の考えがないばかりに消えていっているそうです。(社長曰く)
そうした町工場に対して「モノ売り」という考えをプラスさせ、いいものが売れるように支援していけるといいですねぇ〜。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1059)

久々に図書館に行ってみた。

カテゴリ : 
診断士スキル » ベーシック
執筆 : 
pingpan 2013/10/23 9:00
おはようございます。

昨日は久々に調べ物をするために図書館に行きました。
診断士が図書館へ・・・となると、やることは1つ。2次データの収集のためでした。
ちなみに、2次データとは「既に採取されているデータ(官公庁の統計情報などが代表)」のことで、診断士試験の勉強の中でリサーチをするときは「まず2次データを収集して、不十分な場合は1次データの収集を検討する」と習います。
というか、つい先日そのように企業経営理論の講義で教えてきましたw

千代田区の図書館に行ったのですが人がいっぱいでした。
読書している方、勉強している方、社会人、学生さん・・・と色んな属性の方がたくさんおられました。(もちろん席は満席。)
一応、千代田区民なので区民専用席を使おうとしたのですが、そこもいっぱい。
なんとか確保した狭いスペースで大きな辞典やら白書を開いて、外部環境分析の仮説を裏付けるための業界情報の収集をしていました。

事前に調べたい本はリストアップしていましたが、欲しい書籍はすべてあったし、遅くまで開いているし、千代田区立図書館はなかなか使えますね ^ ^
ついでにパソコンも使えるから大変作業がはかどりました。
その分、やっぱり座席確保の競争率は高いけど・・・
とはいえ、歩いて行ける距離だから大変助かります。

そんなこんなで今日も1日がんばりっていきましょう。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (914)
おはようございます。

またまた大型の台風が来ています > <
週末はもしかすると関東地方を直撃するかもしれないということで、色々と備えをしておきたいと思います。
にしても今年は台風が多くてホント困ります…
個人的には、今週末は福岡出張がなくて安堵しているのですが。

さて、ここ数日まとまって仕事がいくつか舞い込んできました。
診断士同期仲間からのご紹介で3件(事業再生案件2件と創業案件1件)、さらにプレゼンテーションの指導、試作品作成支援、さらに顧問先から追加のお話と、いう感じ。
前々から仕事はまとまってやってくる経験はしていましたが、今回も本当にまとまってやってきました ^ ^
もちろんこれらはすべてワタクシの血となり骨となるものですからパクパクいただいております。

そういえば、つい先日企業経営理論の講義で「サービスマーケティングの特性と対応策」の説明しましたが、いっきに仕事がやってくるのはまさにこの特性の1つ。
皆様、サービスマーケティングの5の特性は覚えてますでしょうか。
無形性、(品質の)変動性、不可分性、消滅性、(需要の)変動性の5つでございました。
予測できずに仕事が一気にやってくるのは、まさに需要の変動性ですね。
これに対応するためには・・・
なんてことを考えながら診断士の勉強もしていけば、比較的知識も身に付きやすいと思います。

来年の講義では、こうした自分の経験をもっと取り入れながら進めていきたいですね。
そのためにももっともっと色んなことに挑戦していかないと。

今日も1日がんばっていきましょう!

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1025)

創業塾が復活。

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2013/10/17 9:00
おはようございます。

昨日の日経夕刊に「創業塾が復活する」という趣旨の記事が1面に掲載されました。
http://www.nikkei.com/article/DGKDASFS15053_W3A011C1MM0000/
(会員向け記事です。)

創業塾と言えば、数年前の民主党政権下で事業仕分けにあってしまい廃止された国の事業です。
商工会議所などで開催されていまして、起業のイロハを教える場ということで中小企業診断士の方も多く講師をされていました。
実際、ワタクシが福岡で創業塾に通った時の講師が診断士で、その時初めて診断士という資格の存在を知りましたw

そんな創業塾が復活ということで、診断士が受注できそうな仕事が一つ増えますね ^ ^
2014年度予算に盛り込まれるということなので、来年度に向けた動きはしっかりウオッチしておきたいと思います。

また、今年の創業補助金に続く創業支援の波は来年度も続きそうです。
市町村が経営支援を手がける経済団体や金融機関などの民間と連携して各地域で起業を後押しする枠組みもできるとのこと。
市町村と組んで実際の支援にあたる民間団体には最大2000万円の補助金を出すことも検討されているということなので、ここにも1つ飯の種はありそうです。
もちろん創業者への補助金もありそうですね。

最終的にスタートするときのスキームはまだ見えていませんが、来年も起業をテーマにした国の後押しが大きいことはわかりましたので、診断士としてその流れに乗っていきたいと思います。
いい流れだ ^ ^

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1470)
おはようございます。

また台風ですね。今年は台風の影響を受けることが多い気がします。
まだ自然災害が影響して仕事の現場にたどり着けないみたいなことは起きていませんが、こう台風が多いといつそのような事態になるかとドキドキ。
こうした自然災害への備えも独立診断士にとっては重要なリスク対策ですね。

さて、仕事柄たくさんの経営者の方と会うことが多いですが、一口に経営者と言ってもホントにいろんなタイプがいます。
例えば、リーダーシップを発揮して悩みなんてぶっとばせ!と言わんばかりに突き進む方もいれば、色んな悩みを抱えながらどうしようかこうしようかと考えに考え抜きながら進んでいく方など。
まったく真逆のタイプですがどちらも会社を経営していくという立場は同じです。(特にいずれの方も中小企業の経営者ですから、1人で会社を背負っておられています。)
いずれのタイプの社長とも今お仕事をしていますが、後者のタイプの経営者の方には特に気持ちの面でのサポートを重視しています。
気持ちの面でのサポートと言っても特別なことをしているわけではなくて、やっていることはしっかりと話を聞くことだけ。
先方が抱える思いや悩みの部分をしっかりと聞きだすことに注力し、あんまりアドバイスするようなことはありません。というのも、話した後にはだいたい答えは明確になっていますので。
しいてやることといえばは、話を促すための質問をするくらいでしょうか。

経営コンサルタントといえば、バリバリ経営に必要な解決策を提示して、企業の売上アップに貢献する!!みたいなイメージを持たれている方も多いですが、このようにいっけん経営コンサルタントぽっくないことですが、経営者の気持ちの面をサポートすることも、けっこう大事だったりします。

もちろん、話を聞くだけではなくもっと提案しろ!というタイプの経営者の方もおられます。

ですから、その経営者のタイプに合わせて最適な支援をしていくことが、診断士にとても求められていることだということを、身に染みて感じている今日この頃でございます。

では、皆様台風にはくれぐれもお気を付け下さいませ。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1055)

1日中小企業庁☆☆

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2013/10/11 9:00
おはようございます。

今週は本当に暑い日が続いています。
夏に戻ったような気温は体にこたえますね・・・ (> <)

さて、中小企業庁で不定期に地方をまわって中小企業施策や最新の情報を地元事業者に直接お届けするイベント「一日中小企業庁」を開催しています。
次回は11月26日(火)に千葉(幕張メッセ国際会議場)で開催されます。

講演や中小企業支援施策紹介や意見交換会、交流会など1日かけて様々なイベントが開催されます。
詳細は以下をご覧ください。事前予約制なので参加希望者は以下URLからお申し込みをお忘れなく。
http://www.1day-smea.jp/chiba/

各支援機関が一堂に会する場でもあるので、いろいろと情報収集ができるかもしれませんね。

ちなみに、中小企業庁が主催のイベントなのですが、診断協会が【協力】団体として入ってないのは残念ですねぇ・・・
専門家の相談コーナーもあるようで、そこに診断士の相談ブースとあってもいいと思うんですがねぇ。
なかなかそうはできない理由があるんでしょうね ( - -)

ぜひ、興味ある方はチェックしてみてください。

それでは。
おはようございます。

今日の東京は朝から大雨・・・・
駅まで移動しただけでビチョビチョになり、千葉に来たら強風に見舞われました > <
傘が壊れるかという強風でございました・・・いやはや、秋の嵐ですね。。。

さて、いま新規事業立ち上げにともない外注企業の選定をしています。
外注先も中小企業(特に町工場系が大半)で、幅広い企業に声をかけるためネットで検索してよさそうなところに問い合わせを投げているのですが、その反応はまちまちです。
電話で実現にむけて相談にのってくれる企業、すぐに見積もり提示をしてくれる企業、メールで対応できないと連絡をしてくれる企業、一切音沙汰がない企業。。。
なんとなくそれぞれの企業の企業文化が表れているような気がいたします。

色んな対応の企業がある中で、やはり即レスしていただける企業には安心感を持てます。
また、こちらが指定した条件だけではなく専門家としてベストな提案をしていただける企業には信頼感を持つことができます。
問い合わせ対応ひとつで企業の印象は大きく変わりますので、結果的に仕事の受注するしないに大きく影響いたしますね。
今回は問い合わせる側としてそのことを認識しましたが、逆を返せばワタクシ自身も問い合わせを受ける側になることもあるので、その際は相手に安心感と信頼感を与えるよう対応しないといけませんね。
忙しいとついついおろそかになってしまいがちなので、気を引き締めたいと思います。

人のふり見て我がふり直せ。
ですね。

にしても、意外に反応がない企業が多いのもビックリいたしました・・・

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1054)

ものづくりは奥が深い。

カテゴリ : 
診断士スキル » 経営戦略
執筆 : 
pingpan 2013/9/27 13:00
こんにちは。

いま2件ほど「ものづくり」をしようとしている企業を支援しています。
経営者の方の英知を集めたオリジナル製品作り。
とはいえ、設計図はありますが、それを実現するためには外部の企業(モノを作ってくれる企業)の助けが必要になります。
ワタクシはものづくりをしてくれる企業とのマッチングの部分を支援しています。
2件は、業種・業態のまったく異なるもので、それぞれプラスチックと木材で作ることを想定しています。
その支援過程でワタクシ自身、プラスチックと木材について色々と調べることになりましてそこそこ詳しくなりましたw

特に今プラスチック製造工場をまわっているので、プラスチックについてはそこそこ理解してきました。
一口にプラスチック製造といっても、素材から作り方まで多岐にわたります。
どんな作り方も違いはないだろうと知り合いのプラスチック製造企業に相談に行ったら、「うちじゃそんなのできない!」と言われて冷や汗をかいたりもしました・・・・
訪問するたびに色々と教えていただき、射出成形、押出成形、真空成型、異形押出成形、発泡押出成形・・・・などなど、プラスチックにはいろんな作り方があることを知り、それぞれの特徴もわかってきました。
また、これらはプラスチック製造企業ならどれでもやっているわけではなくて、いずれかの製造工程に特化してやっているのが一般的ということも知りました。
ですから、作りたいものにマッチする製造方法をやっている企業に訪問しないと、まったくもって話しにならないということも理解しました。
また、素材一つとっても特徴が多岐にわたり、最適な素材を検討するのも一筋縄ではいきません。
まだまだ検討は続きそうです。

実際に1つのモノを作り上げるには、かなりの検討と時間が必要になります。
今回の支援を通じて、普段何気なく使っているものも、色々とこだわって作られたものなのだろうなっとちょっと新鮮な目で見たりするようになりました。

ホント、ものづくりは奥が深いです・・・

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (979)
おはようございます。

今朝のNHKおはよう日本で、製造ラインのフルオートメーション化を進めてきたトヨタが、あえて人手で作業をする工程を製造ラインに戻しているという話題が取り上げられていました。

背景はこういうことです。
これまでトヨタは製造ラインのフルオートメーション化を進めてきましたが、その結果技術の原理原則をわからない(若手)技術者が増えてきた。
一方、フルオートメーション化を支える技術は、実は職人の匠の技であり、そうした技を知らない層が増えてくると、今後機械化の進歩も止まってしまうと言われるようになってきた。
トヨタの技術的進歩を止めないためには、職人の育成も同時にする必要があるため、製造ラインにあえて人手でやる工程を入れるようにして職人の技を伝承するようにした。

製造ラインで動いている機械は、実は職人の技を研究して作られています。
この職人の技に進歩がなければ、結果機械の進歩もないということだそうです。
つまり、いくら機械化が進んでも、継続的な進歩をするためには、職人の技の必要性はなくならないということです。

企業は結局はヒト。
ヒトを育てるには多くの時間が必要です。
会社をあげて自分たちが必要と考える人材像を明確にし、そして育成計画を実行していかなければいけませんね。

とはいえ、中小企業の場合、育てる土壌も時間もない、でも即戦力の人材も見つからない、というジレンマに陥っているところも多いのではないでしょうか。
ワタクシが支援している会社でも職人不足の影響がじわじわと出てきています。
人材の問題は解決が難しい問題。なかなか頭が痛い課題です。

それでは。

認定経営革新等支援機関の役割

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2013/9/24 9:00
おはようございます。

2週連続の3連休が終わってしまいました。
落語を見に行ったり、宝塚を見に行ったりとまさに芸術の秋らしいリフレッシュをすることができました。
また今週もがんばっていきたいと思います。

さて、先週から第3回の創業補助金の募集が始まりました。
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html
今回は申込期間を長くとり、申請があったものから定期的に審査をするという流れで進めていくようです。
創業補助金も今回で最後の募集となるでしょうから、ものづくり・小規模・創業と続いた目玉補助金募集もこれでひと段落となりそうです。
と同時に、これを支援する側は、これを逃せば次にいつくるかわからない(補助金ビジネスの)ビックウェーブに乗り遅れまいと、補助金申請の掘り起こしに力を入れているところでしょうか・・・

それはさておき、中小企業庁から認定支援機関向けに今回の創業補助金の募集を受けて「創業補助金における認定経営革新等支援機関の役割」という文章が送られてきていました。
今回の審査から「認定支援機関の支援内容を審査の加点項目として追加する」とのことで、中小企業庁が具体的に認定支援機関に対して求める役割がまとめられていました。

具体的にどのような支援内容を期待されているのか。
資料には次のような内容が書かれていました。(一部抜粋です)

・創業しようとする方の話をしっかり聞いてアドバイスを。(アイデアをビジネスプランへ)
・事業計画の作成に対する支援
・創業後のサポート(特に、中小企業の会計要領等の指導や補助金手続きの支援など)

このあたりが具体的支援の例として書かれていました。
そして、これらの認定支援機関の支援内容を踏まえて実現可能性が高いビジネスと判断されれば積極的に採択されると発表されていました。

3回目にして認定支援機関向けにこうした通知が出るのは、国としても実現可能性の高いビジネスプランを集めていかないと、このままでは補助金後に大変なことになりかねないと感じたんでしょうかね・・・

とはいえ、この補助金は創業をしたいと考えている方々にとっては大きな追い風であることは確かです。
元手がないとダメですが、これまで内に秘めた思いを持っている方は、ぜひこのチャンスを活かして新しいビジネスに挑戦していただきたいと思います。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1840)

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 237237237
昨日 : 356356356
今週 : 2051205120512051
今月 : 7936793679367936
総計 : 1619622161962216196221619622161962216196221619622
平均 : 777777777

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

執筆者〜pingpan

当サイト管理人
2011年中小企業診断士試験にストレート合格。2012年4月に中小企業診断士登録。1年間の企業内診断士の活動を経て2013年4月に診断士として独立。独立診断士として活動する中でさらなる高みを目指して診断士仲間を誘い株式会社を設立。2014年10月株式会社コムラッドファームジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。 東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)コーディネータ/エキスパートバンク登録専門家/TAC中小企業診断士講座専任講師(企業経営理論・財務会計・運営管理・経済学・2次対策を担当)など

オススメの1冊

ふぞろいな答案分析〈2〉

診断士2次試験突破に必要な1冊。2011年〜2013年の本試験の答案分析結果がまとめられた貴重な1冊です。

カレンダー

« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

診断士関連ブログ

色んな診断士ブログが集まってます。どうぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

中小企業診断士ランキング