診断士の遠吠え生活〜中小企業診断士pingpanの診断士関連ブログ〜

  • カテゴリ マインド の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

診断士の遠吠え生活 - マインドカテゴリのエントリ

1年目は色々な経験を。

カテゴリ : 
診断士スキル » マインド
執筆 : 
pingpan 2013/8/6 9:00
おはようございます。

相変わらずゲリラ豪雨が日本各地で続いています。
一歩間違えば命をも落としかねませんので気をつけて行動しないといけません。
にしても、梅雨があけたら雨が降り出すってどうなんでしょうねぇ〜 ( - -)
今の方が空がどんよりしてジメジメ・ムシムシする日が続いて梅雨みたいな感じです。

さて、話はガラッと変わって…。
診断士活動2年目ともなると、1年目以上に色々と仕事のチャンスが広がります。
特にコツコツと診断士活動をしている方にとっては、2年目からが本格的な診断士活動の時期になってくることでしょう。
人のつながりも広がって仕事の誘いがよりかかるようになったり、資格取得後1年以上経つことで参加できる仕事の幅が広がったり。
1年目にはできなかったことが、たくさん経験できるようになってきます。

しかしながら、やはり立ちはだかるのは実績です。
たとえば経営改善計画を作るような仕事をするには、いくら知識があったとしても過去に経営改善に関わるような仕事をしたかどうかを問われてしまいます。
特に人からの紹介ではなく自分から仕事を取りに行くような場合は、実績1つがその勝敗を決めるわけです。
「この仕事やりたい!」って思っても、似たような実績をアピールできないと採用されるのは相当難しいでしょう。

ですから、早いうちに色んなコンサルの現場をたくさん経験しておくことが大切です。
診断士なりたての時は雑用みたいなものでも新鮮な気持ちでやれるので、実績作りにはもってこいです。(年数が経つと今さらこんなことやってられるか!ってなってくる仕事もたくさんありますからね・・・)
例え自分が主担当ではなくちょっと関わっているぐらいのものでも、参加しておけば実績として書くことができます。
お金を出してでも色々とやっておけば、いざ本当に仕事を取りたいと思った時にその実績が本当に役に立ってくれます。

経歴書に嘘を書くのはダメですが、嘘でなければ書き方は工夫できます。

先日もこれまで勉強してきたことでそろそろ実践したいと思っていた仕事の公募があり応募しました。
提出する経歴書には、その分野の仕事の実績を書くことが求められましたが、過去にたまたま参加した案件を該当の実績として書くことができました。
その結果はまだ出ていませんが採択される可能性はかなり大きいと思っています。あの時、あの案件に参加してなければ応募すらできなかったので、とりあえず手を挙げて無理やり参加しておいてよかったと思っています。

独立してから実績作りに精を出すのは金銭的にも精神的にも大変です。
診断士になって年数が経ってから新米診断士に交じって実績作りの雑用をするのもなんとなく嫌です。

ということで、実績作るなら1年目。
色んなコミュニティーに参加しグループ診断に挑戦したり、お金出して案件に参加したり、色々とやってみるのが大切です。

2年目以降は、その実績をもとにお金になる仕事をやりつつ、実績の幅を広げるために新しいことも少しずつやっていく。
このサイクルこそが、診断士としての成長をうまくまわしていけるパターンであると思っています。
ワタクシ自身は、まさに今そのサイクルを少しずつまわし始めたところ。
お金をもらう仕事と新しい実績作りとのバランスを取りながらやっているところでございます。

まだまだうまくいっているわけではないので試行錯誤は続きます。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (864)

ものづくりは楽しい ^ ^

カテゴリ : 
診断士スキル » マインド
執筆 : 
pingpan 2013/7/8 18:27
こんばんは。

今日の午前中は、あるものづくり企業のオリジナル製品に関するヒアリングをしてきました。
自社の技術力を活かしてオリジナル製品を開発した企業のうまくいっている事例として色々と話をうかがってきました。

まだまだ売上は全体の3%程度しかないみたいですが、今後10%、30%と増やしていって、会社を支える3本の矢の一角に育てたいとおっしゃられていました。
オリジナル製品の開発秘話やこれからの展開など、非常に楽しく、そして聞いている方もワクワクするようなお話を聞かせてもらいました。

こうした経営者の方の姿を見ていると、ものづくりってなんて楽しんだろうと思います。
日本の製造業はまだまだ非常に厳しい状況の中におかれています。
しかし、そんな中でも自分たちの技術力をしっかりと見つめ直すことで、それを打開するものを作ることは可能です。
今回お話をうかがった企業も一時期会社の窮地を経験しています。
今回のオリジナル商品がそこから這い上がる原動力になったことは間違いありません。
この商品、BtoC向けの商品のためいずれ皆様の目に触れるようになるかもしれません。
大手の小売店との取引も決まったということで、これからブランドも確立されていくんだろうと思います。
そうなったら、ちょっとだけ診断士として支援したことを誇りに思ってみますww

自分たちが作った製品が世の中に出て行く。
その結果としてもうけも得る。
ものづくりって、やっぱり楽しいですよね。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1060)

着眼大局、着手小局。

カテゴリ : 
診断士スキル » マインド
執筆 : 
pingpan 2013/6/28 8:28
おはようございます。

いよいよ明日29日(土)18時15分から池袋にてYTD主催セミナー「利益を生む商品を発想するために必要なたった1つの”目利き力”を養う」を開催いたします。
ここで言っているたった1つの”目利き力”というのは、「ニッチ」商品を嗅ぎ分ける目利き力です。
いま、ものづくりの世界では「ニッチ」が大きなキーワードとなっています。
「ニッチ」とは、大手企業が参入しないようなごく限られたマーケットにおいて必要とされる分野のこと。
マーケットが大きくないので競争相手が少なく、しかし確実に需要はあるので中小企業にとって確実に利益をあげることができる分野です。
いま中小企業、特にものづくり中小企業にとって必要なことは、このニッチ分野を見つけ、ニッチ分野に経営資源を投入することです。
ですから、中小企業を支援する診断士も、このニッチ分野をかぎわける目利き力が求められる訳です。
ぜひ、この機会に「ニッチ」という視点を身につけ、実際のコンサルティング現場で「ニッチ」市場開拓の支援をするノウハウを得て下さい。
2013年上半期最後にもっともオススメしたいセミナーです!
http://kokucheese.com/event/index/90375/

さて、「着眼大局、着手小局」という言葉、すでにご存知の方も多いと思います。
経営においてよく語られる言葉でもあります。
「ものごとは大きな視点でとらえ、小さなことから実践せよ」という意味です。
大きなことを考えて大きなことをやろうとしてうまくいかずに失敗したという話は、よく聞く話。
経営においてそのような事態になることは、会社の存続を揺るがす事態になりかねません。
特に診断士は、クライアントである企業の経営戦略立案から実行までを支援する立場にいます。
ですから、我々がまず「戦略を立てる際は大局的にものごとをとらえ、そして実行する時は足許の小さなことから取り組んでいく」を実践しなければいけません。
計画は立派だけど、具体的に何からはじめていいのやら・・・・となったのでは、「着眼大局、着手小局」ができていない証拠ですね。

いま支援している企業さんが、やや着眼大局、着手“大局”な部分があって、計画は立派だけど実行段階で混乱している部分が見受けられます。
このあたり、支援する中でうまく着手小局に導いていきたいと思います。

最近色々と考える中で、ふと「着眼大局、着手小局」という言葉を思い出したので、紹介いたしました。

今日は金曜日。
今日も1日がんばって参りましょう ^ ^

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1226)

凡事徹底

カテゴリ : 
診断士スキル » マインド
執筆 : 
pingpan 2013/6/24 13:00
こんにちは。

今週もスタートしました。
6月も今週でラスト。上半期中の仕事をガシガシと終わらしていきたいと思います。

さて、上半期を振り返る中で、改めて「凡事徹底」という言葉を思い出しました。
「凡事徹底」とは、当たり前のことを当たり前にやるという意味。
ネットで調べると、「当たり前のことを、人にまねできないほど一生懸命やる」と書いているものもありますが、大きな違いはありません。

振り返ると、凡事徹底ができていないことが多々ありました。
色んな言い訳を自分の中でしてしまって、当たり前のことができてないことがあったなっと・・・。
いやはや反省反省。
特にこうした仕事をしていると、小さなことの積み重ねが結果として大きな結果へとつながっていくので、診断士マインドとして「凡事徹底」はもっておかなければならないものですね。

下半期は、「凡事徹底」をしっかりやっていきますよ。

それでは。

----------------------------------------------------
【YTD主催こんな時代に診断士として成功する講座〜第3弾〜】
セミナー名:利益を生む商品を発想するために必要なたった1つの"目利き力”を養う 〜ニッチでリッチ!脱下請け企業を育てるノウハウを伝授〜
日時:2013年6月29日(土) 18:15 - 20:45 (終了後、希望者のみで懇親会開催)
場所:コア・いけぶくろ(東京都豊島区東池袋1-20-10)
参加費:2,000円 (当日現金にてお支払い下さい。)

セミナーの詳細&申込は、以下サイトより。ただいま、申込受付中です!
http://kokucheese.com/event/index/90375/
----------------------------------------------------
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1222)

今日の印象的だった言葉。

カテゴリ : 
診断士スキル » マインド
執筆 : 
pingpan 2013/6/18 23:50
こんばんは。

今日の夜は、予定通り経営者の方が集まる場へ。
ゲストスピーカーの講演、参加企業2社の社長の講演、懇親会という流れ。
懇親会では、ちょうどとある企業からパートナーを探してほしいと言われていた内容にマッチする企業の社長さんと出会うことができ、話を進めることができそうです。
どうやって探そうかと思っていたので、かなりラッキーでございました ^ ^
うまく成果に結び付けたいところです。

さて、講演の中で社長が創業当時のお話をされていたのですが、当時を振り返り
「どんなところで何をやったらどんな反応が返ってくるのか、まったくわからない状況からのスタートでした。思いついたことをただ実行するだけでした。」
とおっしゃられていました。
「思いついたことをただ実行するだけ。」
文字にするとすごく単純な感じがしますが、本当に色々なことを思いついて試したとのことでした。
あれこれ考える前に結果が出るまでやってみる。その失敗と成功が、今の糧になっていると。

今の自分にとても印象的な言葉でした。
もっともっとワタクシ自身、色んなことを結果が出るまでやってみないといけませんね。
まだまだ自分の足りなさを反省させられたひと時でした。

それでは。

----------------------------------------------------
【YTD主催こんな時代に診断士として成功する講座〜第3弾〜】
セミナー名:利益を生む商品を発想するために必要なたった1つの"目利き力”を養う 〜ニッチでリッチ!脱下請け企業を育てるノウハウを伝授〜
日時:2013年6月29日(土) 18:15 - 20:45 (終了後、希望者のみで懇親会開催)
場所:コア・いけぶくろ(東京都豊島区東池袋1-20-10)
参加費:2,000円 (当日現金にてお支払い下さい。)

セミナーの詳細&申込は、以下サイトより。ただいま、申込受付中です!
http://kokucheese.com/event/index/90375/
----------------------------------------------------
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (891)
こんにちは。

ブログのリンクをたどっていくと、昔ビジネス書を乱読していたころの読書メモが出てきました。
読んだ本に書いていた「心に残るいい部分」だけを抜き出したメモですが、今でもそのメモを読むと「おぉ、いいことが書いているなぁ」なんて思ったりします。

が、よくよく考えてみるとそこに書かれていたことを全く実践はできていませんでした。。。。
本を読んだ後、メモを見た後、これやらないとな!?なんて思うんですが、実際にそれを具体的な行動まで落とせているかというと・・・・できてないですね ( - -)
これでは、本を読んだ意味がまったくないってことになってしまいます。

なんとかいいものはいい習慣にして自分の行動の中に取り込みたいんですが、なかなかうまくいきません。
なんか読んだ本の内容を自分の行動にうまく取り込む方法はないものでしょうか・・・・

とりあえずは、これまで以上に読書メモを見る機会を増やそうと思います。
まずはそこからだな。そもそも本に書いていた内容をすぐ忘れてしまうというのが問題だから。。。

もし皆様が実践しているおススメの方法があれば、また教えて下さいませ ^ ^

それでは。

刺激的な交流会。

カテゴリ : 
診断士スキル » マインド
執筆 : 
pingpan 2013/4/28 9:38
おはようございます。

今日は1日オフの日。
4月はここまで走ってきたのでちょっとだけ休憩です。

さて、昨日はYTDのセミナーをやってきましたが、懇親会も大いに盛り上がりました。
懇親会に参加頂いた皆様の経歴は様々。
ワタクシ自身初めてお会いする方が大半でしたので、改めて診断士の多彩な人材の広さを感じました。
話をすればするほど、脳が刺激を受けた感じです。

この感覚を、自分自身の仕事にいい形でつなげていきたいと思います。

ホントに、楽しい時間でした。
セミナーを主催することで、こうした多彩な人たちと出会えるのは、最高の副産物だと思います ^ ^

それでは、GW2日目。
お仕事の方もお休みの方も、充実した1日をお過ごしくださいませ。

それでは。
こんばんは。

診断士の資格を取って、さぁこれから色んなことに挑戦だ!!と思っていた1年前。
いざフタを開けてみればそうは簡単に事は進みません。
分かっていたことではありますが、診断士の資格は取っただけでは全く意味がありません。
診断士の資格が活きてくるのは、実績という土台があってこそ。
結局何をするにも実績が求められます。

その意味でワタクシ自身、診断士1年目は徹底的に実績作りに時間とお金をかけてきました。
具体的に言えば、診断士として経歴書に書ける内容を出来うる限り増やすということです。
そこにこだわって、どちらかというと量を重視してきました。
このように、1年間最大限リソースを投入した結果、次への道を開くことができました。
その意味でも昨年1年の目標であった「土台」作りは、一定の成果を残してくれたと思います。
そして診断士2年目として「前進」する糧になったかなっと。

「診断士という資格を活かすためには、やっぱりまずは実績がないと始まらないので実績を作ることを徹底するべき。」
1年前に立てた仮説は間違っていませんでした。

そこから思うことは、診断士1年目、企業内診断士のうちに使える時間を最大限使って実績作りに費やすことが、その次のステップへの最短経路なのだと思います。
幸い、今は環境も整っているので、実績を積む場はどこにでもあります。
診断士の世界にいれば、いたるところにころがっています。
それらを活かして実績さえ作っておけば、2年目以降何かやりたいと思ったときに、必ず何かしらチャンスを得ることができます。

約半年前に「自分B/Sを作る。」というタイトルでブログを書きましたが、まさに「実績作り=自分B/S作り」です。
実績の積み重ねは日々続く訳ですが、今度はその実績作り場のステージを変えてやっていくことになります。
そのステージではこれまで以上に濃い内容で経験値を積むことができ、B/Sが理想の形になり、そしてP/Lにつながり、うまくフローが流れていくようになるはずです。

4月からは診断士2年目。
新しいチャレンジは、もうすぐスタートです☆☆
まだまだ走り続けないと!

それでは。

Give&Give

カテゴリ : 
診断士スキル » マインド
執筆 : 
pingpan 2012/12/18 23:50
こんばんは。

「Give&Give」の精神。
これはとても大切です。
色んな場でもよく言われます。
先日も診断士として「Give&Give」は大切なマインドであると教えて頂きました。
一般的には「Give&Take」なんでしょうが、Takeは別に求めるものではなく結果的に付いてくるというものなんだと思います。
という意味では、「Give&Give」というマインドはしっかり持っておかねばいけませんね。

今の自分に何を与えることができるのか、まだまだ模索中ではありますが、気持ちは常に「Give&Give」。
そんな感じで過ごしていきたいと思います。

情報は発信する人のところに集まってくる。
確かに!、と思う部分はありますしね。
例えば、噂話もそうだったり・・・

そんことを感じた、師走の夜でした。

それでは。

P.S
年内の大きな仕事のめどが全くつかず。
心ここにあらずな状態が続いてます (> <) もう、とにかくこの仕事を終わらせなければ・・・年が越せません!?

ニーズとマッチするか。

カテゴリ : 
診断士スキル » マインド
執筆 : 
pingpan 2012/12/3 23:40
こんばんは。

本日はYTDの12月定例会でした。
今進めているプロジェクトの情報共有と今後の進め方のディスカッション、及び来年に向けての活動方針のディスカッションをしてきました。

今進めているプロジェクトの1つとしてある専門家の創業支援をしているのですが、その支援内容としてどこを区切りのゴールとするかで色々とディスカッションをしました。
もともとこちらが想定していた内容は、どうやら先方の望む方向と違っていそうだったので、では何をするのかというところの認識合わせです。
いくらこちらが力をかけて支援しても先方のニーズとマッチしていなければ全く意味のない支援になってしまいます。
もちろん、こちらから「あるべき姿」を提示することは重要ですが、そのあるべき姿は相手から「そうそう、これが目指すべき姿なんです!」と共感を得てもらわなければなりません。
我々もいい機会だからと、こちらの都合でこんなことあんなことをやってみようかとなっていた面がありましたので、今日のディスカッションの中でメンバー総意で方向性の修正を致しました。
「相手のニーズにマッチするか」
この考えは、忘れてはいけませんね。
文字にすると簡単そうに思いますが、けっこう忘れがちなマインドだと思います。

YTDの活動ももうすぐ丸1年。
1年続いたので、この調子で2年目も楽しくワイワイやっていきたいと思います。
でも、来年は実績にこだわりますよ。色々と蒔いた種も小さな目を出し始めてきましたのでww

それでは。

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 8989
昨日 : 367367367
今週 : 1724172417241724
今月 : 5029502950295029
総計 : 1850930185093018509301850930185093018509301850930
平均 : 713713713

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

執筆者〜pingpan

当サイト管理人
2011年中小企業診断士試験にストレート合格。2012年4月に中小企業診断士登録。1年間の企業内診断士の活動を経て2013年4月に診断士として独立。独立診断士として活動する中でさらなる高みを目指して診断士仲間を誘い株式会社を設立。2014年10月株式会社コムラッドファームジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。 東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)コーディネータ/エキスパートバンク登録専門家/TAC中小企業診断士講座専任講師(企業経営理論・財務会計・運営管理・経済学・2次対策を担当)など

オススメの1冊

ふぞろいな答案分析〈2〉

診断士2次試験突破に必要な1冊。2011年〜2013年の本試験の答案分析結果がまとめられた貴重な1冊です。

カレンダー

« « 2019 12月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

診断士関連ブログ

色んな診断士ブログが集まってます。どうぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

中小企業診断士ランキング