診断士の遠吠え生活〜中小企業診断士pingpanの診断士関連ブログ〜

  • カテゴリ 施策関連 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

診断士の遠吠え生活 - 施策関連カテゴリのエントリ

こんばんは。

本日、H26年度補正予算が参院本会議で可決され成立いたしました。
これで当初の予定どおり本補正予算における各種中小企業向け対策も実行されることになりました。
診断士としては本補正予算で実施される補助金関連が気になるところでしょうか。

ものづくり補助金、創業補助金、小規模事業者持続化補助金、ふるさと名物補助金など、中小企業にとって有益な補助金の公募が順次スタートいたします。
ぜひこれから発表される情報のお見逃しがないようお気をつけくださいませ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H4L_T00C15A2PP8000/

※最新の情報が欲しい、補助金に採択される申請書の書き方のコツが知りたいという方は、こんなメルマガもありますのでよろしければぜひご活用してみてはいかがでしょうか。
http://www.mag2.com/m/0001648661.html
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1597)
こんばんは。

ワタクシが住んでいる千代田区では地域振興の一環として「スタンプカード事業」が行われています。
各家庭に千代田区内のお店で使えるスタンプカードが配布され、スタンプが全部たまると500円の金券として使えます。
こんなやつです↓


500円でスタンプが1つ押され、10個たまると500円の金券になるので、まぁまぁな還元率ではないでしょうか。
しかも千代田区内のいろんなお店で使えます。
飲食店、スーパー、商店街、本屋、病院、美容院、旅行会社などなど。
セブンイレブンでも使えるのですぐたまりそうな気がします。

18歳-65歳未満は1名5枚、18歳未満65歳以上は1人10枚もらえるので、我が家は2人で10枚送られてきました。
ということで、全部で5000円分の金券になりますので、ありがたく使わせていただきます。
唯一の難点は、いつもお店で出し忘れるということくらいでしょうか…> <
まだスタンプ1つしか押してもらえてないし。。。

地域振興の取組、各地域で色々とやっているのですね!

それでは。

-----------------------------------------
申込続々増加中 (^ ^)b 早割終了まで残り1日☆☆

〜ちょっとしたしぐさや視線を変えるだけで、あなたの周りに輝きが生まれます!〜

一流アーティストのトレーナーが直伝☆☆ワンランク上の講師に脱皮する!
『聴き手を惹きこむ話し方&立ち居振る舞い』セミナー

日時:2014年7月23日(水) 19:00スタート(※終了後に希望者にて懇親会を実施)
場所:文京シビックホール会議室1(東京メトロ後楽園駅、都営地下鉄春日駅 徒歩1分)
参加費:5,000円 (7月10日までにお申込の方は、10%OFFの4,500円)
※ジワジワ参加者が増えてきましたので、早割期限を7月10日に延長しました。
※セミナーの内容にご満足いただけなかった場合は、参加費を全額返金いたします。

お申込・詳細は、以下URLより。
http://kokucheese.com/event/index/183275/

人を惹きつけるオーラは、自分で作り出すことができます。
聴衆を惹きつける診断士になる瞬間をぜひご自身でご体験下さい。
-----------------------------------------
おはようございます。

3月になりました。
独立1年目の最後の1か月。1年目をしっかり締めくくれるよう、もうひとがんばりな1か月になりそうです。
4月になったら2年目に突入。時間が経つのは早いですね・・・

さて、年度末が近付きH25年度補正予算にからむ補助金の公募が続々スタートしています。

主なところでは、
新ものづくり補助金(募集期間:2月17日から5月14日まで)
創業補助金(募集期間:2月28日から6月30日まで)
パッケージ型海外展開支援事業(募集期間:2月3日から3月31日まで)
などなど

それぞれ公募最終締切まで少し時間がありますが、途中で1次締切・2次締切等が用意されています。
都度審査が行われて採択事業者が決まりますので、後になればなるほど残り予算の制約で競争率が激しくなる傾向があります。

実際、先日発表されたH24年補正の創業補助金の採択結果では、最初の頃は7割を超えた採択率が、最終では約27.2%まで低下していました。
駆け込み需要で応募者が増えたのと、予算制約で採択数が抑えられたため採択率が大幅に下がったものとみられます。

以上の点からも、補助金獲得を狙うなら早めの提出がよろしいかと思いますので、診断士として補助金採択をサポートする方も早目の準備をクライアント企業様に勧めてみてはいかがでしょうか。

それでは。

H25年度補正予算の見通し

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2014/2/6 9:00
おはようございます。

H25年度補正予算が2月4日に衆議院を通過しました。
参議院の審議を経て、今日の午後にも与党などの賛成多数で成立する見通しのようです。
H25年度補正予算では、中小企業対策としては昨年から続く「ものづくり補助金」や「創業補助金」などが行われます。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/24fyHosei/14012125PRALL.pdf

H25年度の補正予算ですから年度内に何かしら動くことは間違いありません。
H24年度のものづくり補助金は、昨年の今くらいに事務局の募集がかかって、3月15日から実際の補助金公募が行われました。
と考えると、今回の補正予算についても間もなく募集が始まるでしょう。
申請したいと考えているところは、そろそろ準備しておいた方がよさそうですね。
補正予算のばらまきについては賛否両論ありますが、診断士としては税金がきっちりと有効に使われるように、補助金をうまく活用して中小企業者の経営発展に役立てていきたいと思うところです。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1318)
おはようございます。

九州経済産業局で「平成26年度 特許等取得活用支援事業」の公募がでてました。
簡単に言うと「知財総合支援窓口」の運営事業者を募集しているとのこと。
採択されれば国の予算がついて事業展開ができるようになります。

窓口の専門家として中小企業診断士が活躍する場面も多く考えられますので、どこか応募できるような事業者と組んで提案できるとおもしろいなぁ・・・
特許をビジネス化していく案件は、道のりは大変なのですがとても面白いので、今年も何件かやってみたいと思っています。
そのためにもこの手の話、興味深いなぁ ^ ^

それでは。

「平成26年度 特許等取得活用支援事業」に係る委託先の公募について
http://www.kyushu.meti.go.jp/support/1401/140122.html
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1027)
おはようございます。

年頭には各企業や組織のトップの年頭所感が発表されます。
我々診断士にとっては、中小企業庁長官の年頭所感は2014年の中小企業政策のTopicをチェックする意味でもチェックしておきたいところ。
ということで、早速HPでチェックしてみました。

Topicは次のような感じでしょうか。

1. 被災地支援は今年も継続して実施
2. 小規模事業者に焦点を当てた施策の展開
 - 「マル経融資」の貸付上限額を1,500万円から2,000万円に拡大
 - 小規模事業者の振興のための「基本法」を次期国会に提出
 - ニッチな顧客への販路開拓や、地域の需要に応じた新商品・新サービスの開発等を支援
3. 「日本再興戦略」で掲げた3つの目標の達成のために積極支援
 a. 開業率・廃業率を米国・英国レベル(10%台)に引き上げ
 b. 2020年までに黒字の中小企業・小規模事業者を倍増
 c. 2013年からの5年間で新たに1万社の海外展開
 ※H25年補正予算によるものづくり補助金などで後押し
4. 消費税率引上げに対する対策
5. 資金繰り支援
 このなかで特に「経営者保証に関するガイドライン」の運用が本年2月に開始される

こうした取り組みを通じて中小企業・小規模事業者の成長を後押ししていくとのことです。
この国の取り組みの担い手として診断士が活躍する場をドンドン広げていきたいと思います。

それでは。

【参考】
http://www.chusho.meti.go.jp/soshiki/nentouShokan/2014Year.htm
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (979)

創業塾が復活。

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2013/10/17 9:00
おはようございます。

昨日の日経夕刊に「創業塾が復活する」という趣旨の記事が1面に掲載されました。
http://www.nikkei.com/article/DGKDASFS15053_W3A011C1MM0000/
(会員向け記事です。)

創業塾と言えば、数年前の民主党政権下で事業仕分けにあってしまい廃止された国の事業です。
商工会議所などで開催されていまして、起業のイロハを教える場ということで中小企業診断士の方も多く講師をされていました。
実際、ワタクシが福岡で創業塾に通った時の講師が診断士で、その時初めて診断士という資格の存在を知りましたw

そんな創業塾が復活ということで、診断士が受注できそうな仕事が一つ増えますね ^ ^
2014年度予算に盛り込まれるということなので、来年度に向けた動きはしっかりウオッチしておきたいと思います。

また、今年の創業補助金に続く創業支援の波は来年度も続きそうです。
市町村が経営支援を手がける経済団体や金融機関などの民間と連携して各地域で起業を後押しする枠組みもできるとのこと。
市町村と組んで実際の支援にあたる民間団体には最大2000万円の補助金を出すことも検討されているということなので、ここにも1つ飯の種はありそうです。
もちろん創業者への補助金もありそうですね。

最終的にスタートするときのスキームはまだ見えていませんが、来年も起業をテーマにした国の後押しが大きいことはわかりましたので、診断士としてその流れに乗っていきたいと思います。
いい流れだ ^ ^

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1437)

1日中小企業庁☆☆

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2013/10/11 9:00
おはようございます。

今週は本当に暑い日が続いています。
夏に戻ったような気温は体にこたえますね・・・ (> <)

さて、中小企業庁で不定期に地方をまわって中小企業施策や最新の情報を地元事業者に直接お届けするイベント「一日中小企業庁」を開催しています。
次回は11月26日(火)に千葉(幕張メッセ国際会議場)で開催されます。

講演や中小企業支援施策紹介や意見交換会、交流会など1日かけて様々なイベントが開催されます。
詳細は以下をご覧ください。事前予約制なので参加希望者は以下URLからお申し込みをお忘れなく。
http://www.1day-smea.jp/chiba/

各支援機関が一堂に会する場でもあるので、いろいろと情報収集ができるかもしれませんね。

ちなみに、中小企業庁が主催のイベントなのですが、診断協会が【協力】団体として入ってないのは残念ですねぇ・・・
専門家の相談コーナーもあるようで、そこに診断士の相談ブースとあってもいいと思うんですがねぇ。
なかなかそうはできない理由があるんでしょうね ( - -)

ぜひ、興味ある方はチェックしてみてください。

それでは。

認定経営革新等支援機関の役割

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2013/9/24 9:00
おはようございます。

2週連続の3連休が終わってしまいました。
落語を見に行ったり、宝塚を見に行ったりとまさに芸術の秋らしいリフレッシュをすることができました。
また今週もがんばっていきたいと思います。

さて、先週から第3回の創業補助金の募集が始まりました。
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html
今回は申込期間を長くとり、申請があったものから定期的に審査をするという流れで進めていくようです。
創業補助金も今回で最後の募集となるでしょうから、ものづくり・小規模・創業と続いた目玉補助金募集もこれでひと段落となりそうです。
と同時に、これを支援する側は、これを逃せば次にいつくるかわからない(補助金ビジネスの)ビックウェーブに乗り遅れまいと、補助金申請の掘り起こしに力を入れているところでしょうか・・・

それはさておき、中小企業庁から認定支援機関向けに今回の創業補助金の募集を受けて「創業補助金における認定経営革新等支援機関の役割」という文章が送られてきていました。
今回の審査から「認定支援機関の支援内容を審査の加点項目として追加する」とのことで、中小企業庁が具体的に認定支援機関に対して求める役割がまとめられていました。

具体的にどのような支援内容を期待されているのか。
資料には次のような内容が書かれていました。(一部抜粋です)

・創業しようとする方の話をしっかり聞いてアドバイスを。(アイデアをビジネスプランへ)
・事業計画の作成に対する支援
・創業後のサポート(特に、中小企業の会計要領等の指導や補助金手続きの支援など)

このあたりが具体的支援の例として書かれていました。
そして、これらの認定支援機関の支援内容を踏まえて実現可能性が高いビジネスと判断されれば積極的に採択されると発表されていました。

3回目にして認定支援機関向けにこうした通知が出るのは、国としても実現可能性の高いビジネスプランを集めていかないと、このままでは補助金後に大変なことになりかねないと感じたんでしょうかね・・・

とはいえ、この補助金は創業をしたいと考えている方々にとっては大きな追い風であることは確かです。
元手がないとダメですが、これまで内に秘めた思いを持っている方は、ぜひこのチャンスを活かして新しいビジネスに挑戦していただきたいと思います。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1817)

助成金と補助金

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2013/7/26 9:00
おはようございます。

診断士になってから助成金や補助金に対する感度が高まりました。
診断士になる前は気にしたこともなかったのに・・・

助成金も補助金も国や地方自治体がくれるお金、つまり返済不要のお金ってことはわかっていましたが、実際この2つの違いってよく分かってませんでした。
とりあえずよくわからないけど、助成金・補助金って同じようなものという感じで言葉を使ってました。
さすがによくわからないまま使うのも・・・ということでちょっと調べてみました。

色々と調べてみるとだいたい以下の意味に要約できます。

助成金:要件を満たし所定の様式で申請すれば原則給付されるもの
補助金:採択件数・金額が決まっていて、申請しても必ず給付されるとは限らないもの。審査を経て給付先が決定され、一定の公募期間を設ける場合が多い。

一応、違いはありました。
もっと大雑把な切り口だと、「助成金は、主として厚生労働省所管で扱っている支援金」「補助金は、主として経済産業省所管で扱っている支援金」と説明しているものもありました。

2つの言葉は一緒のように使われているのでこの意味限りではなく使われる場面もあるようです。
そのあたりは臨機応変に。

言葉の意味を知っているから何かいいことがあるわけではありませんが、言葉を使う以上その意味くらいは知っておいてもいいかなと思って「補助金と助成金の違い」について書いてみました。

それでは ^ ^
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (967)

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 6262
昨日 : 364364364
今週 : 2119211921192119
今月 : 5989598959895989
総計 : 1597712159771215977121597712159771215977121597712
平均 : 787787787

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

執筆者〜pingpan

当サイト管理人
2011年中小企業診断士試験にストレート合格。2012年4月に中小企業診断士登録。1年間の企業内診断士の活動を経て2013年4月に診断士として独立。独立診断士として活動する中でさらなる高みを目指して診断士仲間を誘い株式会社を設立。2014年10月株式会社コムラッドファームジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。 東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)コーディネータ/エキスパートバンク登録専門家/TAC中小企業診断士講座専任講師(企業経営理論・財務会計・運営管理・経済学・2次対策を担当)など

オススメの1冊

ふぞろいな答案分析〈2〉

診断士2次試験突破に必要な1冊。2011年〜2013年の本試験の答案分析結果がまとめられた貴重な1冊です。

カレンダー

« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

診断士関連ブログ

色んな診断士ブログが集まってます。どうぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

中小企業診断士ランキング