診断士の遠吠え生活〜中小企業診断士pingpanの診断士関連ブログ〜

診断士の遠吠え生活 - 201101のエントリ

Facebookのファンページを作ってみた。

カテゴリ : 
雑文
執筆 : 
pingpan 2011/1/31 16:37
診断士や診断士受験生向けのFacebookのファンページを作ってみました。

まだ、ほとんど内容はないですが。。。。

このサイトとうまく連動して色んな方々と情報交換ができればと思ってます。

Facebookのアカウントをお持ちの方は、ぜひ↓
ファンページ『中小企業診断士』
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2966)

企業診断2月号

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
pingpan 2011/1/30 21:45
企業診断 2011年 02月号を入手。

今月の特集は、「思考の整理術」。
ロジックツリーとかSWOT分析、ポジショニングマップ、バランス・スコアカードなどのツールの使いこなし方がまとめられています。
診断士としてよく使うツールですので、受験生も読んでおいて損はないかと思います。

あとは、診断士試験の実力養成セミナー。
ここで1次試験と2次試験の対策もできます。

最近、興味深く読んでいる連載は、"「金融のいろは」教えます"。
金融機関に関する内情がよくわかって、色々と参考になります。

来月も楽しみに待ってます!!

月間購読もできます⇒『企業診断 月間購読へ
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2592)

CVP分析の理解

カテゴリ : 
合格への道 » 財務・会計
執筆 : 
pingpan 2011/1/28 22:09
損益分岐点売上高および目標利益売上高を出す計算式は、

S = (FC + P)/(1 - α) ・・・?
損益分岐点売上高(SBEF)は、P=0の時のSの値。

S :売上高
FC :固定費
P :目標利益
α :変動比率

で、出るけどこの式をど忘れした時のために、これを導出できるようにしておくと安心。
基礎のなるのは、

P = S - FC - VC (利益は、売上高から変動費(FC)と固定費を引いたもの)。
※ この式はたぶんすぐに覚えられるかと。

これを式変換すると
S = FC + VC + P (売上高は、固定費・変動費・利益を足したもの。)・・・?

ここで、変動比率が登場。
α = VC / S (変動比率は、売上高に占める変動費の割合)
∴ VC = α・S (・は×(掛ける)と同じ意味)

?にこの式を代入すると

S = FC + α・S + P
⇒ S - α・S = FC + P
⇒ (1 - α)・S = FC + P
⇒ S = (FC + P) / (1 - α) ・・・?

ということで、?と?は同じ式なので?の導出が完了。
?の式を覚えていれば問題ないですが、もしふとど忘れした時に自分で出せるようにしておくとより安心かと思います。

これでCVP分析は完璧ですね。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6313)

1次試験まで残り192日。

カテゴリ : 
合格への道 » カウントダウン
執筆 : 
pingpan 2011/1/26 2:25
このサイトに2011年1次試験である8月6日までのカウントダウン時計を設置しまてみました。(トップページ右上に設置)

残り192日。(1/26現在)

これを多いとみるか、少ないとみるか。

・・・・もうたった192日しかないですね。
2次試験の合格発表まで含めると2011年も終わります。

この1年は、診断士受験ではじまり診断士受験で終わる1年になりそうだ。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2557)

1日1問

カテゴリ : 
合格への道 » 勉強中の独り言
執筆 : 
pingpan 2011/1/25 19:30
うーん、やはり財務会計は定期的に計算問題を解いておかないと忘れてしまうな。
昨日、ふっと損益分岐点売上高の計算をしようとしてど忘れてしてしまってた。。。。

財務・会計の計算問題は今日から毎日1日1問なんらかの問題を解くようにしよう。
これは、重要だ。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3313)
1/23の2コマ目。(出席できずにWebにて受講)

今日から経済学・経済政策の科目の授業が始まりました。
これで4科目め。やっとのことで折り返しです。(全7科目あります。)

経済学・経済政策では、マクロ経済とミクロ経済の両方の視点から経済学の理論を勉強していきます。
個人的には、経済学を学ぶのは初めてですので、初見な用語が頻出していくることが予想されるため、気を引き締めて取り組みたいところです。
昨年度極端に難易度が上がったので、今年はどうなるのか・・・・台風の目のような科目になりそうな予感です。

ちなみに、経済学が「ミクロ経済学」、経済政策が「マクロ経済学」に該当しています。

1回目の授業は、「企業行動の分析」というテーマで企業が日々の経済活動をしていく内容を経済学の視点から勉強していきました。

今日のメモ

•総費用 C(x) = VC(x) + FC (VC:可変費用、FC:固定費用、(x)は生産量)
•平均費用 AC(x) = VC(x) / x + FC / x (生産物1単位当たりの費用)
•規模の経済・・・生産量の増加とともに平均費用が低下 (収穫逓増)
•規模の不経済・・・生産量の増加とともに平均費用が増加 (収穫逓減)
•範囲の経済・・・異なった財をそれぞれ別の企業が作るよりも、同じ企業が作る方が費用が安くなる場合
•平均可変費用 AVC(x) = VC(x) / x (生産物1単位当たりの可変費用)
•限界費用 MC(x) = C' (x)  (生産量を1単位増加させたときに追加的に発生する費用。C(x)の微分つまり接線の傾き)
•経済学における「限界」とは、ある変数が追加的に1単位増加した時に、別の変数が変化するかという意味で使われる。
•競争企業の利潤最大化条件・・・「価格 = 限界費用」となるように生産量を決める
•損益分岐点・・・利潤がゼロになる点 (平均費用の最低点)
•操業停止点・・・生産活動を止めてしまう点 (平均可変費用の最低点)
•○○の××弾力性 = ○○の変化率 / ××の変化率

経済学で、限界費用を出すときに平均可変費用の微分をするのですが、微分の計算なんて学生時代以来ですね・・・・
微分の計算自体は簡単ですが、一瞬微分してと言われたら「あれ?どうするだっけ。。。」ってなってしまいました。
あの頃は数学得意だったのになぁ〜〜ww

というわけで、4科目目もがんばっていきましょい!!
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3529)
1/23の1コマ目。

運営管理の授業がすべて終了しましたので、60分30問の復習テスト。
出来は6割ちょい。
まぁ、なんとか最低ラインはできたという感じ。
運営管理の計算問題は完璧。
JISの定義を問われる問題は、まだ暗記が完全でないのでポツポツと落してました。
あとは、最後の2択で迷って間違え・・・みたいな問題があったかな。このあたり、本番では点数にしていきたいところです。
運営管理の場合は、用語の定義などをきっちり復習できれいれば取れる問題も多いので、生産管理・店舗管理ともに得意科目に持っていけるようしていきたいところです。

というわけで、7科目中3科目目が修了。
いよいよ折り返し、次からは「経済学・経済政策」という新しい科目に入ります。

GMROIと交差比率の覚え方。

カテゴリ : 
合格への道 » 運営管理
執筆 : 
pingpan 2011/1/19 22:06
ポイントは、GMROIが原価ベースの平均在庫高を利用すること、交差比率が売価ベースの平均在庫高を利用するということ。

どちらが原価でどちらが売価かを抑えておく。

ということで、覚え方は

「GMROIの頭文字Gは、Genka(原価)のG!!」と覚えれば一発!!

これで、もう迷わないでしょう。

TACの運営管理のテキスト

カテゴリ : 
合格への道 » 勉強中の独り言
執筆 : 
pingpan 2011/1/18 22:26
今日、Webフォローで運営管理の復習をしていましたが、講師の方がTACのテキストから試験問題が丸々出題されているということをおっしゃられていた。

確かに、テキストに書かれていることが丸々書かれている。(もちろん、テ気ストの方が先にできている)
計算問題なんか数字もそのままやし!!

試験委員の方も資格の学校の教材を見ているのかと思う今日この頃。
今年の試験も1問くらい出してほしいものです。www
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4199)

中小企業診断士講座:運営管理?

カテゴリ : 
合格への道 » 運営管理
執筆 : 
pingpan 2011/1/18 22:22
1/16の2コマ目。

早いもので運営管理の授業もラスト。
今回のテーマは、「物流」「販売流通システム」の2大テーマ。
物流については、おもに卸売業に関する内容とロジスティクスについてが重要ポイント。
販売流通システムは、POPシステム、バーコード、EDI/ECR/QRといったあたりが重要ポイントになります。
ロジスティクスについては、H19年にロジスティクス専門の方が試験委員になられた影響でここ数年はかなり問題が出題されている分野。
ということで重点的に抑えておきたい分野とのことです。

今日のメモ

•一括物流・・・モノと情報を一元管理することで実現する高品位物流
•一括物流センター・・・?在庫型(DC型):在庫を抱えるセンター、?通過型(TC型):在庫は持たずに店別仕分けや流通加工を行うセンター
•通過型の場合、クロスドッキング(パレットやケースのまま店舗へのトラックに積み替える方法)がとられる
•通過型の分類・・・?ベンダー仕分型:ベンダー(卸売業)が店別ピッキング作業を済ませてセンターに納入する。?センター仕分型:センターで店別ピッキング検品を行う
•リードタイムについては、DC型の方が短い
•カテゴリー納品については、DC型の方が対応しやすい
•RFIDのポイント・・・無線周波、非接触型、自動識別、情報の書き換え追記が自由、商品を積み重ねたまま情報の読み取り可能
•ICタグのポイント・・・情報の読み書き可能、トレーサビリティに活用、同時に大量のデータが読み書き可能
•ディカップリング・ポイント・・・流通プロセスにおける受注情報が投入されるポイント。ディカップリング・ポイントより川上は計画重要情報、川下は実重要となる。
•ブルウィップ効果・・・販売現場の需要のズレが、サプライチェーンの上流では過剰に認識され、需要予測が増幅される現象
•ハブ・アンド・スポーク・システム・・・中心のハブに拠点を設けることで、効率的なネットワークを確立する考え方
•POSシステム・・・最大の特徴は「単品レベルで管理可能」なこと
•POSシステムの分類・・・PLU:票新コードと価格、商品名との対応テーブル、NON=PLU:バーコードの中に価格情報が組み込まれているもの
•POSのハードメリット・・・店舗オペレーションの効率化:?レジ業務の効率化、?店内業務の効率化
•POSのソフトメリット・・・店舗運営の効果の向上
•FSP(Frequent Shoppers Program)・・・高頻度で来店する優良顧客に注目し、その階層に応じてプロモーションを展開する手法。?優良顧客の固定客化、?優良顧客の育成
•RFM分析・・・Recency(最終購買日)、Frequency(購買頻度)、Monetary(購買金額)の組み合わせでランク付けする手法。?再購買の可能性のある優良顧客を見つけ出す。?FSPに利用
•バーコード・・・?JAN:8ケタ or 13ケタ。日本の国コード「49」or「45」。JANメーカーコード + 商品アイテムコード + チェックデジット、?ITF:物流コード。おもに段ボールに印刷
•コーザルデータ・・・価格以外で売上に変動を与える要因(気候要因、社会地域的要因)
•ショッピングバスケット分析(マーケット・バスケット分析)・・・「何と何を一緒に買うか」を顧客が受け取るレシート単位で分析
•EOS(Electronic Ordering System)・・・コンピュータとネットワークを利用した受発注システム
•EDI(Electronic Data Interchange)・・・企業間における商取引データのオンライン・データ交換の仕組み。
•Web-EDI・・・Webブラウザを使用したEDI
•SCMラベル・・・QRで利用。検品作業を簡素化するためのラベル
•ASN・・・事前出荷明細。ASNとSCMラベルを比較することで受領検品作業が不要となる

さて、運営管理も終わったので、来週は答練(テスト)。
なんとか7割目標にこの1週間は運営管理の復習です。

ふー、あと4科目。まだまだ先は長い。。。。

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 317317317
昨日 : 493493493
今週 : 810810810
今月 : 1629162916291629
総計 : 1589808158980815898081589808158980815898081589808
平均 : 791791791

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

執筆者〜pingpan

当サイト管理人
2011年中小企業診断士試験にストレート合格。2012年4月に中小企業診断士登録。1年間の企業内診断士の活動を経て2013年4月に診断士として独立。独立診断士として活動する中でさらなる高みを目指して診断士仲間を誘い株式会社を設立。2014年10月株式会社コムラッドファームジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。 東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)コーディネータ/エキスパートバンク登録専門家/TAC中小企業診断士講座専任講師(企業経営理論・財務会計・運営管理・経済学・2次対策を担当)など

オススメの1冊

ふぞろいな答案分析〈2〉

診断士2次試験突破に必要な1冊。2011年〜2013年の本試験の答案分析結果がまとめられた貴重な1冊です。

カレンダー

« « 2011 1月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

診断士関連ブログ

色んな診断士ブログが集まってます。どうぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

中小企業診断士ランキング