診断士の遠吠え生活〜中小企業診断士pingpanの診断士関連ブログ〜

診断士の遠吠え生活 - 201209のエントリ

9月も終わり。

カテゴリ : 
雑文
執筆 : 
pingpan 2012/9/30 23:50
こんばんは。

外は台風でえらいことになっています。
明日の朝、電車とまれば・・・と淡い期待を抱いてましたが、どうやらこのまま夜のうちに過ぎ去っていきそうですね・・・(- -;

さて、怒涛の9月も今日で終わり。
週末休みなしで駆け抜けてまいりましたが、色々と区切りがついたものもでてきまして、ホッとしておるところでございます。
とはいえ、1つ区切りがついたらまた新しいものが1つでてきて、なんとなくいい感じで回ってきたのかなっと思うところもあったり。
とかく、2012年はただひたすら走り続けるのだという目標どおり、残り3ヶ月も走り続けることにしたいと思います。

ということで、今月もお疲れ様でした。
10月もまた1ヶ月がんばっていきましょう (^ ^)/

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (804)

診断士ノート。

カテゴリ : 
雑文
執筆 : 
pingpan 2012/9/30 16:48
こんにちは。

台風が刻一刻と関東にも近づいていますね。
外を見ると雨がぱらついてきていました。
嵐になる前に家路に着きたいと思います。このまま明日電車が止まればいいのに・・・(ボソッ

さて、ワタクシは診断士活動についてはコンサルも執筆も何もかも、1冊のノートにまとめてメモをするようにしています。
そのときに使っているノートが「モレスキン」のラージサイズ版の横線ありのノート。
表紙はもちろんハード版。

診断士合格から診断士になって色んな活動をしてはや9ヶ月。
なんだかんだで2冊目が終わりました。
そして、今日から3冊目スタート。
気持ちも新たに、新しいノートの1ページ目に今日の打ち合せメモをしてきました。

さて、1年経つ頃にはもう1冊くらいは消費しているでしょうか。
300冊たまるくらいまで現役でがんばりたいものです。w

それでは。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1684)

未来を語る診断士☆☆

カテゴリ : 
実務従事
執筆 : 
pingpan 2012/9/29 23:50
こんばんは。

よく、士業の中で未来を語ることができるのは診断士だけだ!という言葉を耳にします。
確かに企業の未来についてどうするこうすると言うのは診断士くらいかもしれません。
が、この未来を語るというのはなかなか難しいです。
そもそも、誰にも未来はわからないからね。(予想はできるけど)

今やっているコンサル案件も、課題を見つけて対応策を提言するというより、10年先この企業がどうあるべきかというのを提言するパターンになっています。
10年先どんな技術が流行していて何をしていれば企業価値が大きくなっているのか、そしてそのために今何をしないといけないのか、ここまでを考えたいのですが、一筋縄ではいっておりません・・・。
アプローチ方法のヒントは色々あって、それらを知れることは今後にとってすごく勉強になるのですが、はていったいどこまで落とし込めるのか。

この1週間、しっかり考えたいと思います。
診断士らしい仕事をせねばなりませんね。
なんといっても、診断士は未来を語るお仕事なんですから。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1120)

やっと週末。

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
pingpan 2012/9/28 23:50
こんばんは。

今週も終わり。
会社的には第2四半期が終わりました。
本業の会社内も10月から組織変更や人事異動がけっこうあるようで、ワタクシもまた少し環境が変わります。
いやはや、またバタバタするだろうな・・・・

さて、1週間終わったんですが、この週末も色々と盛りだくさん。
いま関わっている経営コンサルの実務2件の打ち合せに、YTDの9月定例(ここもコンサル実務案件の打ち合せ)、それから・・・・
たくさん実績作りと知識インプットがんばらないとね。

今夜はそんな感じで。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1320)
こんばんは。

中小企業庁から、中小企業経営力強化支援化法の認定制度が活きる施策が発表されました。
「経営力強化保証制度」が創設されるとのことです。(10月1日からスタートです。)
http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2012/0926HosyouKyouka.htm

どういう制度かというと、
『中小企業が外部の専門家の力を借りながら、経営改善に取り組む場合に信用保証協会が保証料を減免する』制度です。

具体的には、金融機関が認定経営革新等支援機関と連携して中小企業者の事業計画の策定支援や継続的な経営支援を行い、中小企業者の経営力の強化を図るため、金融面の支援として一般保証における保証料率から概ね0.2%引下げるというもの。

この保証制度を受けている間は、中小企業者は、『四半期に一回、金融機関に対して、計画の実行状況を報告する必要』があり、金融機関は、『年一回、信用保証協会に対して、中小企業者の実行状況とともに、金融機関と認定経営革新等支援機関の経営支援状況を報告する必要』があるとのことです。
金融機関は、『中小企業者の実行状況を踏まえ、認定経営革新等支援機関と連携し、必要に応じて、計画の修正指導、助言、追加的な経営支援を行う』ようにと定義されています。

この制度だけをみると、金融機関が認定経営革新等支援機関となっていない場合は、なんらかの外部の認定機関と協力することが想定されます。
その際に、認定経営革新等支援機関となっているかいないかによって、金融機関とのお付き合いできるチャンスが変わるかもしれないですね。

なかなかメリットが見えなかった認定制度ですが、こういった形で今後様々な施策において要件として求められることが想定されています。

ちなみに、認定経営革新等支援機関になるためには個人では経営革新計画3件以上認定されていることが要件ですが、法人としては同一組織体において3期決算を迎えていることも要件となっています。
この法人要件がなかなかネックになる場面があるようですね。(東京協会もこの要件にひっかかったとか。)

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1874)

そうだ、新聞を読もう!

カテゴリ : 
雑文
執筆 : 
pingpan 2012/9/26 22:39
こんばんは。

めっきり日経新聞はiPad+電子版で読むことが大半になったので、紙の新聞はほとんど読まないままゴミ箱行き状態。
なんとなく面倒で紙の新聞を止めてないのですが、そろそろ電子版のみにしようかと思案中。
確か1,000円ほど安くなるからね。

で、その1,000円浮いたお金で以下の新聞を読もうかと思ってます。
ニッキン新聞
金融関係の新聞なのですが、円滑化法がらみで企業再生のネタが扱われたりするので、少しリアルなネタの収集元として役立ちそうなので。
また、金融機関の情報をいかに収集するかというのは、ひとつの個人的な課題でしたので、こうしたところからアンテナを立てていけるかなと思ってます。

日経MJとならんで読んでおこうっと。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1152)
こんにちは。

めっきり涼しくなり秋を感じる今日この頃。受験生の皆様にとっては、勉強しやすい環境になってきてより一層の追い込みができている頃でしょうか。

さて、ワタクシ自身ここ最近色々とタスクがありまして、受験生フォローができてなかったのですが、気付いたら2次試験まで残り24日になってたんですね。(^ ^;;
TACの演習もレギュラー講義がすべて終わり、残すはオプション講義のみと。
時間が経つのは、ホントに早いですねぇ。(受験生の方からお願いされた答案添削がけっこうたまってます・・・汗)

さて、予備校生にとってオプション講義も終わると2週間ほど講義も何もない状態に入ります。
しかし、この2週間の過ごし方が重要です。
特にこれからの時期は、ここまで準備してきた自分自身のプロセスを徹底的に磨いでいく時期になります。
その際に必要なものが『初見の問題』です。

一度も見たことない問題で自分のプロセスがどれくらい通用するか徹底的にチェックしていきます。
ワタクシも、市販の問題や知り合いからもらった問題なんかを使って初見問題への対応力強化に努めていました。
勉強仲間と本試験と同じ時間に集まって1日4事例解く仮想模擬試験を2回ほどやったりもしました。

とにかく残り1ヶ月弱は、初見の問題で自分のプロセスを磨きまくる。
包丁を磨ぐがごとく磨き続けましょう。
そして、おかしなところは微調整をする。そうすることでプロセスの精度をドンドンと高めていく。これに終始したいところです。

ちなみに、この時に使う問題は初見であればなんでもいいと思います。
書いた解答の答え合わせは特にする必要はないので、どんな問題(悪問でも可)でもいいので初見という部分にこだわりましょう。(可能であれば、勉強仲間と同じ問題を解いて、付属の解答解説は無視して仲間内の書いた解答を見比べることができるとなおOKでございます。)

引き続き、追い込みがんばってください。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1296)
こんばんは。

既に申請受付が始まっている「中小企業経営力強化支援化法」における経営革新等支援機関の認定制度。
東京での説明会はけっこう盛況だったようです。(ワタクシは行けませんでしたが・・・)
すでに1回目の応募は閉め切られており、その認定結果は10月1日に発表される見込みです。

そのような中、ある地方の診断協会の情報によると、現時点で中小企業診断士の申請が少ないらしく東京本部から診断士の申請督促を依頼されているとのこと。
認定事業者になったらメリットはあるのかというと、あまり見当たらないのですが、将来的に国の仕事をする際の参加条件として認定事業者であることが求められる可能性もあるので、認定されておいて損はないと言われてます。
特に円滑化法終了に伴う各種施策には反映されるのでないかと予想されています。(このあたりは、まだ推測の範囲ではありますが・・・)
個人でも認定を取ることはできますので、経営革新計画の承認を3件以上もっている診断士の方はとりあえず申請だけでもしてみてはどうでしょうか。

ワタクシも来年には申請したいと予定しております。

本件について情報のアップデートがあれば、また本ブログにて紹介したいと思います。

それでは。

[参考]
中小企業経営力強化支援化法についての参考ページ
http://www.kyushu.meti.go.jp/seisaku/chusho/keieiryokukyoukahou.html

この中の「経営革新等支援機関の認定制度について」のFAQ集が色々と参考になります
http://www.kyushu.meti.go.jp/seisaku/chusho/keieiryokukyoukahou/faqlist.pdf

関東経済産業局のページ。申請書類等もろもろのリンクがあります。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chusho/20120830keieikakushin_nintei_shinsei.html
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1968)

診断士の評価

カテゴリ : 
診断士活動 » 協会活動 » 東京協会
執筆 : 
pingpan 2012/9/24 23:50
こんばんは。

今夜は、東京協会主催のセミナーに参加してきました。
テーマが今が旬の「円滑化法終了を迎えた出口戦略」ということで、多くの方が参加されていました。

そのセミナーの中で、今協会がどういった取り組みをやろうとしているかという話があったのですが、その前段として外部から診断士がどのように評価されているのかという話がありました。
その内容は非常に厳しいもの。
もっと外部組織に診断士を使ってほしいという話をするも使えないという評価を受けているのが実際のところのようです。

具体的には、以下のような声があるとのこと。
◇ 診断士に専門性が感じられず使いにくい
◇ 診断士が作る経営改善計画書は使えない。理由は、外部環境については詳しく調査して書かれているが、企業の内部実態について把握せぬまま作られた計画が大半のため、実態に即した計画になっていないから。

総じてスキルが低いと見られているようです。
実は、こうした声は「小さな企業未来会議」の中でも語られていて、取りまとめ資料の中で次のような提言がされていました。

---------------------------------------------------------------
【中小企業診断士の専門性強化等】
中小企業診断士の専門性を強化するとともに、小規模企業が自らのニーズに合った診断士を容易に選ぶことができるよう、その専門分野を特定・明示するなど、現代のニーズや要求水準に合った実効的な制度へと抜本的な見直しを行う。

【具体的な取り組み】
〜今年度中に取り組む〜
中小企業診断士による中小企業者に対する経営診断等の実態把握を行うとともに、外部有識者を交えて、専門性強化等に向けた検討を進める。

〜来年度に本格的に取り組む〜
「知識サポート・経営革新プラットフォーム事業」(※)において、登録される中小企業診断士の専門分野を明示するなど、小規模企業が自らニーズに合った診断士を容易に選べる仕組み等を検討する。

※知識サポート・経営革新プラットフォーム事業
意欲があるものの「知識」が十分でない事業者・起業者・後継者に対し、起業・安定化・成長・事業承継の各段階で必要とされる実践的で行きたい「知識」を円滑に共有できる新たな仕組みを構築する事業。平成25年度予算として74億円を要求。
---------------------------------------------------------------

このような背景を受けて診断士のスキル向上・実績作りのため協会として取り組んでいる&いくことを示されていました。
その1つとして、出口戦略を見据えた診断士の関わり方を明確にし、そこに必要なスキルや実績を作るための取り組みを実施していくとのこと。
今回のセミナーはその第1弾。そして、今後は経営改善計画作成のためのセミナー等も開催していくということなので、積極的に参加してスキルアップと実績作りに関わっていきたいと思います。

診断協会も社団法人化されて色々と動きが活発になってきております。
色んな動きがあるので、そうした情報をいち早くキャッチできるようなアンテナは張っておきたいですね。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1971)

合宿月間終了☆

カテゴリ : 
雑文
執筆 : 
pingpan 2012/9/23 23:50
こんばんは。

無事に1泊2日の千葉旅行から帰ってきました。
今月は月初・中旬・下旬と3回も週末に泊まりの合宿に行っていたので、ほぼ休みなしでした・・・w
9月って、合宿しやすい時期なんでしょうねww

この週末も色んなインプットとアウトプットをたくさんしてきました。
おかげで、充実感満載。と同時に疲労感も満載。
やったこと的には「書く」「話す」の2つのスキルについて集中トレーニングをしてきたのですが、「書く」のアウトプットとして久々に自筆で文章を書いたので、ペンだこできました (> <)
あと、漢字が全然書けませんでした。さらに、時間に追われて書いたので、おそらく誤字・脱字もひどかったろうなっと。

とはいえ、2次試験を思い出してちょっとだけ懐かしかったですww
去年の今頃は、答案を書きまくってからね。

そんなわけで、無事に9月の3本連続合宿もこれに終了。
ホッと一息したいところですが、コンサルレポートや新しいプロジェクトのキックオフが控えているので、まだまだ気が抜けない日々が続くのでした。(^ ^;)

やったことを忘れる前にまとめないと!

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1165)

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 319319319
昨日 : 493493493
今週 : 812812812
今月 : 1631163116311631
総計 : 1589810158981015898101589810158981015898101589810
平均 : 791791791

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

執筆者〜pingpan

当サイト管理人
2011年中小企業診断士試験にストレート合格。2012年4月に中小企業診断士登録。1年間の企業内診断士の活動を経て2013年4月に診断士として独立。独立診断士として活動する中でさらなる高みを目指して診断士仲間を誘い株式会社を設立。2014年10月株式会社コムラッドファームジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。 東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)コーディネータ/エキスパートバンク登録専門家/TAC中小企業診断士講座専任講師(企業経営理論・財務会計・運営管理・経済学・2次対策を担当)など

オススメの1冊

ふぞろいな答案分析〈2〉

診断士2次試験突破に必要な1冊。2011年〜2013年の本試験の答案分析結果がまとめられた貴重な1冊です。

カレンダー

« « 2012 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

診断士関連ブログ

色んな診断士ブログが集まってます。どうぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

中小企業診断士ランキング