診断士の遠吠え生活〜中小企業診断士pingpanの診断士関連ブログ〜

診断士の遠吠え生活 - 201302のエントリ

2月も終わりました。

カテゴリ : 
雑文
執筆 : 
pingpan 2013/2/28 23:50
こんばんは。

今日で2月も終わり。
2月もYTDの初主催セミナーを開催、被災地支援、執筆活動といい感じで診断士活動をすることができました。
被災地支援については、継続的に支援をしていまして、3月に東京で販路開拓のお手伝いもする予定です。
診断士として1年目の活動も残り1カ月になりました。
1年目の成果をしっかり残せるよう3月も継続して活動をしていきたいと思います。
おっと、原稿&ゲラチェックをしなければ・・・あう > <
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (925)
こんばんは。

今日のお昼にH24年度補正予算についてブログを書きましたが、早速中小企業庁のHPにその後の動きについて掲載されていました。
平成24年度補正予算を踏まえた中小企業・小規模事業者向け資金繰り支援の御相談の開始について

資金繰り対策は、新設・拡充を合わせて大きく5つの施策が運用されます。
具体的には以下の5つです。

・経営力強化保証を中心とした借換保証の推進
・経営支援型セーフティネット貸付の新設
・中小企業経営力強化資金の新設
・資本性劣後ローン(挑戦支援資本強化特例制度)の新設&拡充
・新企業育成貸付・企業再生貸付の拡充

新設された制度のポイントは、事業者が認定支援機関の経営支援を受けることが前提となっている点です。
これを見ても、今後国の施策には認定支援機関をからめたものが多くなってくると思います。
その意味でももっと診断士の認定支援機関を増やしたいところですね。

ちなみに、これからの制度の運用や相談の開始は、3月1日からとのことです。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1208)

H24年度の補正予算成立。

カテゴリ : 
診断士スキル » 施策関連
執筆 : 
pingpan 2013/2/27 15:55
こんにちは。

26日の参議院の国会審議で可決されたため、H24年度補正予算が成立しました。中小企業・小規模事業者対策では、5,434億円の予算が施行されることになります。

これから順次、1,007億円の「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」や405億円の「認定支援機関による経営改善計画策定支援」など、多くの施策が実行されていきます。
顧問先などを支援する際に、知っておきたい内容ですので、今一度施策の内容を見ておくことをお勧めいたします。(特に試作のスキームを押さえておきたいところです。お金の流れがどのようになっているのかを把握していないと、各施策でどのように支援すればいいのかわからなくなりますから・・・)
http://www.meti.go.jp/main/yosan2012/pr/pdf/20130115_02.pdf

特に、「認定支援機関による経営改善計画策定支援」については、認定支援機関に対する支援ではありますが、実際に認定支援機関が経営改善計画を立てるスキルや体力を持っているとも限らないため、その仕事が診断士に流れてくることが想定されます。
仕事の種につながりますので、再生案件に興味ある方はアンテナ感度を高めておきたいところですね。
診断協会が金融機関と提携している例も全国で見られていますので。

補正予算の次は、H25年予算です。
補正予算ほどのインパクトはないかもしれませんが、中小企業関係予算案の中にも新規に予算計上されているものいくつかあります。
http://www.meti.go.jp/main/yosan2013/130129_chushokigyo1.pdf

この中にある「小規模事業者活性化補助金」や「中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業」は、面白そうかもしれません。
まだ、具体的なイメージは見えてきていませんが、これから年度末にかけて見えてくると思いますので、こちらも引き続きウオッチしていきたいと思います。
http://www.meti.go.jp/main/yosan2013/130129_chushokigyo2.pdf

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1952)

雑学が企業を救う。

カテゴリ : 
診断士活動 » 診断実務(診るスキル)
執筆 : 
pingpan 2013/2/25 23:50
こんばんは。

コンサルタントとして企業支援をする際、自身の"知恵"や"ひらめき"が重要な局面があります。
今の時代、常識だけではなかなか乗りきることはできません。
社長の頭の中だけでは解決できないので専門家として支援するわけですが、その専門家も「常識」や「定石」に凝り固まった頭しかもっていなければ、企業の窮境を救うことはできないでしょう。

常識や定石に何かプラスαをして化学反応を起こす。
専門家としてはそうしたことができるようになりたいものです。

そのプラスαとなるものが、知恵やひらめきになるわけですが、この知恵やひらめきのもとになるのは、雑学だと考えています。
全くビジネスと関係ないことでも、使いようによっては新しいビジネスの種を生む触媒になってくれることが多々あります。

くだらない雑学が企業を救う。
こう考えると色んな情報に対してアンテナ感度を高く持とうと思いますね。
「雑学力」
勉強で身につくものではないですが、診断士としては必要なスキルだと思います。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1330)

答えは現場にある。

カテゴリ : 
診断士活動 » 診断実務(診るスキル)
執筆 : 
pingpan 2013/2/23 16:27
こんにちは。

ただいま大阪に向かう新幹線の中にいます。
先週は宮城、今週は大阪。いやはや、西へ東へ色々と移動しております ^ ^;

さて、最近色んな活躍されている診断士の方のお話を聞くのですが、活躍されている方の大半が「現場」を大切にされています。
診断士として経営者の方の話しを聞く場は、必ずしも現場とは限りません。
会議室や公的機関の窓口などなど、現場とはかけ離れたところで、話しを聞くことが多々あります。
もちろんそこでアドバイスできることはあるでしょうが、やはりその企業の本質を理解して、実態に合ったアドバイスをするためには、自分自身の目で現場を見ることが大切です。
現場が大事というのは、おそらく大半の方が頭では理解していると思います。
とはいえ、実際に現場に足を運んでいる人はどれくらいいるでしょうか。。。。

こうしたことを活躍されている方は必ずやっているんだなっということが、色々な方の話を聞いてわかりました。

ワタクシ自身も、現場から離れたところで報告書を書いて終わらせてしまうことが多々あります。
もっともっと現場を見て、さらに言えばそこから何かを感じ取れる感覚をもっと身につけないとダメですね。

本当の経営改善への答えは現場にある。
経営者にそれを感じる力がないならば、診断士としてそこを支援する必要があるのだと思います。
今年は、意識的に現場を見る機会を増やしたいと思います。

見る目を養わねば。

そんなことを思う週末のひと時でした。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1154)
こんにちは。

だいぶ遅めの昼食を取りながらブログを更新中。
今日は1点お知らせです。
特にこれから診断士活動を積極的にやっていきたいという方にお知らせ。

ワタクシも現在参加しているマスターコースで来年度の募集が始まりましたので、お知らせします。

夢をカナエル!プロコン養成マスターコース 7期生募集開始

ちなみにワタクシは6期生です。
この1年、夢カナでたくさんのことを学びました。
診断士として必要な「診る」「書く」「話す」のスキルはもちろんのこと、これ以外に独立してやっていくために必要なスキル、診断士として仕事の受注の仕方、独立して成功する方法などなど、単に診断士の資格を持って活動しているだけでは得ることができない生の情報をたくさん集めることができました。
さらに、多くの卒業生が独立して活躍されていることを考えると、独立を考えている方がそのための基礎力を養成する場としては非常におススメです。

来年度、診断士の活動として何か始めたいと考えている方は、ぜひ候補の1つとして考えてみることをお勧めいたします ^ ^

ちなみに3月16日(土)13:00〜(@後楽園)の講義は見学が可能となっています。
もし、夢カナの雰囲気を知りたいという方がいましたら、ぜひご参加くださいませ。
HPから申込できます。
http://pro1.seesaa.net/

ということで、よろしくお願い致します m(_ _)m

夢カナチラシの表面

夢カナチラシの裏面
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1574)

アイデアは広がります。

カテゴリ : 
雑文
執筆 : 
pingpan 2013/2/21 23:46
こんばんは。

無事に昨日のセミナーを終えまして、久々にゆっくり(?)と寝ることができました。
セミナー主催者という立場は、自分たちが講師をやるわけではなく、自分たちがお願いをした講師の方に講義をやって頂くわけなので、「集客」という猛烈なプレッシャーがございます。
「○人集めますからお願いします。」
この一言が、なかなかなプレッシャーとなっておりました。

自分で講師をやるなら最悪集まらなくても自分のせいですが、人にお願いする以上、しっかりとした場を用意するのは主催者として最大の責務です。
その責務、YTDのメンバーでなんとか乗り越えれたことが、今回の大きな収穫だったかもしれません。

自分たちが主となって、こうして対外的に何かをするというのは初めての経験でしたが、1度経験することで、何か自信のようなものが付いた気がします。w
今日も、メンバーとご飯を食べていたのですが、次はあれをしよう!これをしよう!もっとこうしよう!!と、1度の経験が触媒となってこれまで出てこなかったようなアイデアがドンドンと出てきました。
ホントになんかいい感じです。(自己満足な部分もありますが・・・)

やはり何事もまずやってみること、それが重要だなと身を持って感じました。
この経験を活かして、また次も頑張っていきたいと思います。

この1年、どこまで成長できるか。
しっかり勝負したいと思います。

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (981)

セミナー無事に終わりました☆☆

カテゴリ : 
その他の活動 » YTD
執筆 : 
pingpan 2013/2/20 23:50
こんばんは。

ワタクシが主宰する診断士団体YTDが初めて主催したセミナー【稼ぐコンサルタントはなぜ『論語』を語れるのか】、無事に終えることができました。
お申し込み頂いた方皆様、当日キャンセルなく全員の方にご参加頂くことができました。

2時間にわたり、ご参加頂いた皆さまに論語の世界をご堪能いただきました。
論語の間違った使い方、ビジネスで使える論語、実習を通じて色々と経験して頂きました。
また、懇親会も半分くらいの方がご参加下さいまして、セミナーでは語られなかったディープな世界のお話が繰り広げられましたw。

多くの方にご参加頂き、無事初セミナーは成功したと言えると思います。
まだまだ運営側の課題はありましたが、1つずつ改善して次回はさらなるいいものにしたいと思います。

論語については、続編を期待する声もありましたので、何か発展的なセミナーを企画したいと思います。

ちなみに、次は4月にYTDのセミナーを開催します。
「元経済産業省キャリアが語るこれからの中小企業診断士に求められる条件(仮)」というタイトルで、様々な講演を行っている有名な方を講師にお招きする予定です。
また、詳細が決まりましたらアナウンスいたしますので、こちらもご参加頂ければと思います。

YTDとして小さな前進をできた1日でございました。

P.S
早速参加頂いた方が、ブログに当日の様子をアップしてくださいました。
ご参考まで ^ ^
http://careerconsultant1.blog.fc2.com/blog-entry-317.html

それでは。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1096)
こんばんは。

表題のセミナー、いよいよ20日に開催です。
現状10名超の方が参加予定となっています。

20日の12時まで参加受付を行なっていますので、20日の夜は予定が空いているよ!!という方は、ぜひお申し込みくださいませ。

どんなセミナーか、一言で表現すると
「診断士として必要な素養の1つとして現場で役立つ"正しい"論語を、歴史文学の第一人者が伝授してくれるセミナーです。」

論語に興味がある方、論語をビジネスに活かしてみたいと思う方、診断士としてこれから活躍していきたいと思っている方、ぜひご参加くださいませ!!

多くの方とお会いできることを楽しみにしています☆☆

2月20日(水)19時から池袋です。
詳細&申込、講師プロフィール等は、以下よりご確認願います。
http://kokucheese.com/event/index/74498/
(主催:YTD 共催:史文社 後援:中小企業診断士の輪)

よろしくお願い致します。



制約条件を見極める。

カテゴリ : 
診断士活動 » 診断実務(診るスキル)
執筆 : 
pingpan 2013/2/19 12:21
こんにちは。

先週末の南三陸での商店街支援は、東京に戻ってきまして報告書をまとめるフェーズに入りました。
報告書をまとめて商店街に提出し、そこから各個店に展開される流れになっています。
さて、これから報告書を書く上で課題に対する支援策を考えなければなりません。
その時にまず考えなければならないのは「制約条件」です。
商店街の個店の様な小規模事業者の場合、我々が考える以上に大きな制約の中でご商売をされています。
人の制約、店舗の制約、顧客の制約、立地の制約・・・・などなど

こうした制約をしっかりと把握した上で支援策を提示しなければ、まさに絵に描いた餅になってしまいますし、やっぱり診断士は使えないという烙印を経営者から押されることになります・・・・
この部分、わかっているつもりの人は多いですが、実際にできている人はどれくらいいるんでしょうね。

ワタクシも今回の支援については、より一層慎重に考えねばと思っています。
被災により人口が4割も減ってしまった地域の、仮設店舗で運営する商店街のとある個店の売上を如何にして上げるのか。
なかなかやりがいのある仕事ですね。

最後に今回の診断内容をまとめる上でのポイントなる部分をまとめておきます。
内容としては、どんなコンサルにも当てはまる内容ですね。

1. まず制約条件を整理する。
2. その制約条件が、克服できる制約なのか、克服できない制約なのかを見極める。
3. 克服できる制約の場合は、具体的なやり方を提示する。
4. 克服できない制約の場合は、制約条件の中でよりやりやすい方法を提案する。
5. それぞれの提案について、なぜそれをやる必要があるのか理由を明確にする。
6. ビジュアルで具体的に示す。

この6点を意識して報告書をまとめます ^ ^

それでは。


P.S
いよいよ明日!
2月20日(水)に池袋でセミナーやります。
損はさせませんので、診断士&診断士のタマゴの皆様、ぜひご参加下さい。
診断士としての素養がアップします ^ ^
【稼ぐコンサルタントはなぜ『論語』を語れるのか】
詳細&申込は、以下のサイトからお願い致します。
http://kokucheese.com/event/index/74498/

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 203203203
昨日 : 756756756
今週 : 3100310031003100
今月 : 8089808980898089
総計 : 1679967167996716799671679967167996716799671679967
平均 : 762762762

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

執筆者〜pingpan

当サイト管理人
2011年中小企業診断士試験にストレート合格。2012年4月に中小企業診断士登録。1年間の企業内診断士の活動を経て2013年4月に診断士として独立。独立診断士として活動する中でさらなる高みを目指して診断士仲間を誘い株式会社を設立。2014年10月株式会社コムラッドファームジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。 東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)コーディネータ/エキスパートバンク登録専門家/TAC中小企業診断士講座専任講師(企業経営理論・財務会計・運営管理・経済学・2次対策を担当)など

オススメの1冊

ふぞろいな答案分析〈2〉

診断士2次試験突破に必要な1冊。2011年〜2013年の本試験の答案分析結果がまとめられた貴重な1冊です。

カレンダー

« « 2013 2月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

診断士関連ブログ

色んな診断士ブログが集まってます。どうぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

中小企業診断士ランキング