トップ  >  中小企業診断士向けのコンテンツ  >  独立診断士  >  現場で学んだTips集  >  クライアントの規模から他社の事業規模を事前に調べておく
ある現場で次のような質問を受けました。
「当社のように従業員100名規模の会社は、だいたいどれくらいの売り上げ規模なんでしょうか?」

この質問に対しては数字を知らないと答えることはできません。
従業員規模だけで数字を比較するのは難しいかもしれませんが、同業他社の数字くらいは事前に頭に入れておくべきでしょう。

また、売り上げ全体の規模だけでなくたとえば従業員1人当たり売上高などの割合で見るとより比較しやすくなります。

こうした数字を知っておくと、クライアント企業が目標(あるべき)とすべき売上高規模を想定することができます。
このような質問に答えられるよう、事例や数字はしっかりと調べておくべきです。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:14 平均点:7.86
カテゴリートップ
現場で学んだTips集
次
適正な数字を知っておくと何かと役に立つ

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 9999
昨日 : 825825825
今週 : 2240224022402240
今月 : 7229722972297229
総計 : 1679107167910716791071679107167910716791071679107
平均 : 762762762

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失