トップ  >  中小企業診断士向けのコンテンツ  >  独立診断士  >  現場で学んだTips集  >  適正な数字を知っておくと何かと役に立つ
飲食店ではないクライアントさんから突然

「飲食店の原価ってどれくらいが適正ですか?」

と質問を受けたことがありました。
どうやら多角化展開で今度飲食店を出店する予定で、そのための情報収集をしたかったようです。

たまたまその頃に飲食店診断を実施していたので、一般的な原価率の適正値を知っていました。
ですから、「一般的には原価率は35%いないですね。」
という話をさせていただき、非常に感謝されました。

このように単なる数字ではありますが、ちょっと知っているだけでクライアントさんからは非常に感謝されますし、この人なら何でも相談できそうだという印象を持ってもらうことができるようになります。

ですから、自分の専門ではない分野であっても一般的な数値は知っておくと何かと役立つことでしょう。

とはいえ、単純に数字だけ覚えようとしてもなかなか頭に入りません。
ですから、企業の診断を通じてその都度新しい分野のお客様を担当したときに一緒に覚えてしまいましょう。

たとえば飲食店で知っておきたい数字は
原材料費:35%以内
人件費:25%以内
上記は、合わせてF/Lコストとして飲食店で重点的に管理すべきコストです。60%以内が適正値です。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:14 平均点:7.14
前
クライアントの規模から他社の事業規模を事前に調べておく
カテゴリートップ
現場で学んだTips集

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 4545
昨日 : 223223223
今週 : 2588258825882588
今月 : 8473847384738473
総計 : 1620159162015916201591620159162015916201591620159
平均 : 776776776

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失