H22年事例?
  • H21年事例?
  • ..." /> H22年事例?
  • H21年事例?
  • H20年事例?
  • H19年事例?
  • 中小企業診断士の輪 - 設問分析(事例?)

    複数年度の設問を並べてみました。


    [H22]

    問題番号設問文設問要求
    第1問
    (30点)

    A社が主力事業としている砂糖業界の環境変化と事業展開の変容について、以下の設問に答えよ
    設問1過去に成功してきた事業展開の中で、A社のような一次問屋によって二次・三次問屋とのネットワークの構築が強みとなった理由について100字以内で説明せよ。理由
    100字以内
    設問2これまでの事業展開を継続することができなくなった経営環境の変化は、どういったものであるのか、A社の取り扱う食品原材料という商品特性を踏まえて、100字以内で説明せよ。環境変化
    100字以内
    第2問
    (30点)

    転廃業を迫られている地方の二次問屋に対してA社が積極的に進めている友好的買収に関連して、以下の設問に答えよ。
    設問1A社は、友好的買収を積極的に推し進めているが、その目的と効果について100字以内で説明せよ。目的と効果
    100字以内
    設問2A社は友好的買収を進める際に、従来の従業員を継続して雇用することにしている。そのメリットとデメリットについて100字以内で説明せよ。メリ・デメ
    100字以内
    第3問
    (20点)

    家族主義的経営を掲げるA社でも、近年の経営環境の変化の中で、成果主義的要素をわずかながら人事制度に取り入れるようになった。より成果主義的要素を強化した人事制度にすべきかどうかについて、中小企業診断士としてA社社長からアドバイスを求められた。成果主義的要素を強化した際のA社にとってのメリットとデメリットをどのように考えるべきかについて、100字以内で述べよ。メリ・デメ
    100字以内
    第4問
    (20点)

    食品原材料商社であるA社が事業拡大のために、食品原材料以外の商材に手を延ばすべきかどうか、中小企業診断士としてA社社長からアドバイスを求められた。どのようなアドバイスをするかについて、100字以内で述べよ。アドバイス
    100字以内

    [H21]

    問題番号設問文設問要求
    第1問
    (20点)

    F社を買収する以前のA社、およびA社に買収される以前のF社は、それぞれW市周辺で有力な菓子メーカーであった。和菓子、洋菓子といった取扱商品に違いがあるものの、A社とF社の強みには、どのような違いがあると考えられるか、150字以内で述べよ。強みの違い
    150字以内
    第2問
    (20点)

    金融機関の後押しがあったにもかかわらず、当初、A社社長はF社を傘下に収めることに対して、積極的、前向きではなかった。その理由として、どのようなことが考えられるか。F社が直面していた財務上の問題以外で考えられる点について、100字以内で述べよ。理由
    100字以内
    第3問
    (20点)

    A社がF社を傘下に収めた結果、買収されたF社の従業員に比べて、買収したA社の従業員のモラールが著しく低下してしまった。両社の人事構成を踏まえた上で、その理由について、150字以内で述べよ。理由
    150字以内
    第4問
    (20点)

    A社社長は、生産体制を見直す際に、F社出身のベテランの洋菓子職人をA社工場の責任者に任命した。こうした施策を講じることによって、どのような成果や効果を期待したと考えられるか。100字以内で述べよ。成果や効果
    100字以内
    第5問
    (20点)

    現在、A社は、地元市場の不振と、景気低迷に伴う大都市圏事業の縮小といった厳しい経営状況に直面している。急速な業績回復が期待できない中で、短期的に売り上げを増進させるための具体的施策について、中小企業診断士として助言を求められた。どのような助言を行えばよいか、150字以内で述べよ。助言
    150字以内

    [H20]

    問題番号設問文設問要求
    第1問
    (20点)

    A社の事業の歴史的展開を踏まえた上で、現在のA社の強みは、どのような点にあると考えられるか。A社の強みとそれを形成してきた要因について、100字以内で述べよ。強み/形成要因
    100字以内
    第2問
    (20点)

    A社の取引の80%以上を占めている航空業界の近年の厳しい状況が、A社に対しても強くコスト削減を求めることになっている。その背景を、A社が取り扱っている商品特性の視点から、100字以内で述べよ。背景
    100字以内
    第3問
    (20点)

    収益改善に取り組む現社長は、工場長を取締役に昇進させて権限強化を図った。それまで料理長が掌握していた権限を工場長に移管したことが、コスト削減にどのような効果を及ぼしたと考えられるか。それが及ぼす効果について、150字以内で述べよ。効果
    150字以内
    第4問
    (20点)

    現社長が導入した「シングル・ワークステーション(SWS)」が、生産性向上に効果を生み出す可能性と、それを効果的に継続させる上で必要な点について、150字以内で述べよ。可能性/必要点
    150字以内
    第5問
    (20点)

    一般消費市場への展開というA社の新規事業開拓の成否について、中小企業診断士として意見を求められた。この新規事業が「成功すると思う」か「失敗すると思う」かを明確にして、その立場から、理由を100字以内で述べよ。立場と理由
    100字以内

    [H19]

    問題番号設問文設問要求
    第1問
    (10点)

    バブル経済崩壊後、10年以上にわたって続いた長期景気低迷も、2003年以降回復傾向にある。A社も、そうした景気回復を追い風に業績を改善しつつある。しかし、活況を取り戻しつつあるとはいえ、今日の消費市場は、以前にも増して不透明さや複雑さが高まっている。A社が事業を展開している宝飾品市場は、どのような不透明さや複雑性を抱えていると考えられるか。100字以内で答えよ。不透明さ/複雑性
    100字以内
    第2問
    (15点)

    A社は、主に百貨店やショッピングセンター内のインストアショップによる店舗展開を行ってきた。路面店と比較して、インストアショップによる店舗展開のメリットとデメリットについて150字以内で答えよ。メリ・デメ
    150字以内
    第3問
    (15点)

    A社の唯一の直営路面店は、2005年に開店した。この店舗のA社の事業展開における戦略的位置づけと、それを達成するために必要だと思われる施策について、100字以内で述べよ。戦略的位置づけ/施策
    100字以内
    第4問
    (45点)

    A社が行った従業員の意識や満足度の調査結果について、以下の設問に答えよ。
    設問1一般的に、高級ブランドを取り扱っている店舗の従業員の満足度は、それよりも低い位置づけにあるブランドを扱っている店舗の従業員の満足度よりも高いと考えられる。しかし、A社では、高級アクセサリーのXブランドのみを取り扱っている店舗の従業員の満足度が相対的に低い傾向を示している。なぜ、そうした傾向がみられるのかについて、100字以内で説明せよ。理由
    100字以内
    設問2直営店に比べてインストアショップの従業員の満足度が、相対的に低い傾向を示している。なぜ、そうした傾向がみられるのかについて、100字以内で説明せよ。理由
    100字以内
    設問3社歴の長い従業員の満足度が社歴の短い従業員の満足度より低くなる大きな理由は、自分自身の将来像やキャリアに対する不満と、上司に対する不満である。中でも、上司に対する不満が、インストアショップで相対的に高いことが分かった。不満の原因とそれを解消するために取るべき施策について、中小企業診断士として、どのようなアドバイスをするか。100字以内で答えよ。原因/施策
    100字以内
    第5問
    (15点)

    A社は、年間約6億円の売上げをあげているにもかかわらず、営業利益は1,600万円で、売上高営業利益率は3%以下である。今後、A社の収益構造を改善していくためには、どのような施策を講じていくべきか。中小企業診断士としてアドバイスする具体的施策について、100字以内で答えよ。施策
    100字以内

    [H18]

    問題番号設問文設問要求
    第1問
    (30点)

    中堅化学メーカーの子会社であるA社にとって、子会社であることの強みとして、どのような点を考えることができるか。また、その弱みとして、どのような点を考えることができるか。強みを(a)欄に、弱みを(b)欄に、それぞれ100字以内で述べよ。強み/弱み
    100字以内×2
    第2問
    (30点)

    A社の掲げた「売上高400億円、営業利益率3%」という経営ビジョンを実現していく上での事業展開について次の設問に答えよ。
    設問1A社が掲げた売上高400億円というビジョンを実現する上で、海外事業展開はきわめて重要である。しかし、海外事業展開は緒についたばかりで、現在は、すでに開設している東南アジアと中国華南地域の2拠点に加えて、新たな営業拠点を数カ所開設するといった初期段階である。今後、ビジョン実現に向けて事業を拡大してくためには、海外営業拠点をどのように発展的に活用していくことが考えられるか。100字以内で述べよ。活用方法
    100字以内
    設問2事業の独立性が高まりつつあるとはいえ、親会社との取引額が40%を占めるA社にとって、親会社の動向は無視することのできない重要な要因である。事業の集中と選択を進めている親会社の動きに対して、A社はどのような事業展開を模索することができるか。その可能性について、100字以内で述べよ。事業展開
    100字以内
    第3問
    (30点)

    従来型商社機能に加えて、新しい事業展開を推進していくことは、経営ビジョンの達成にとっても、また今後継続的に成長していく上でも重要である。それに関連して、次の設問に答えよ。
    設問1下図は、A社の現在の組織図である。(※組織図省略)
    急速に変化する経営環境の中で、A社が新しい事業展開を推進していく上で、現在の組織には、どのようなデメリットがあるか、100字以内で述べよ。
    デメリット
    100字以内
    設問2A社が新しい事業展開を推進していく上で、今後、どのような組織を構築していくことが望ましいか。100字以内で述べよ。組織構造
    100字以内
    第4問
    (10点)

    2004年6月に成立した改正高年齢者雇用安定法に対応するために、A社では、2006年4月から再雇用制度を採用した。確かに、少子高齢化の中で、豊かな経験をもつ高年齢者の活用は、社会的に意味のあることであるし、企業にとっても貴重な経営資源の活用でもある。しかし、その反面、いくつかのデメリットもある。A社にとって、再雇用制度がもたらすデメリットについて、100字以内で述べよ。デメリット
    100字以内
    プリンタ用画面
    友達に伝える
    投票数:104 平均点:5.58
    カテゴリートップ
    過去問分析
    次
    設問分析(事例?)

    受験生必見の受験対策☆☆

    今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

    合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
    ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

    Facebookもどうぞ!

    『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
    ぜひ、ご参加ください!

    メインメニュー

    アクセスカウンタ

    今日 : 5252
    昨日 : 836836836
    今週 : 3785378537853785
    今月 : 8774877487748774
    総計 : 1680652168065216806521680652168065216806521680652
    平均 : 762762762

    since 2011/02/08

    今後のイベント予定

    予定はありません

    ログイン

    ユーザ名:

    パスワード:



    パスワード紛失