テーマ:「経営状態が良く分かる財務診断のポイント」
日時:2012年7月28日(土) 09:00 - 17:00
場所:中小企業会館8F 会議室C

今月のテーマは「財務診断」。
診断士として財務諸表を見たときに、どういったポイントに着目し、そこから読み取れる情報から何を意味するのか、そしてどのようなソリューションが提案できるのか、この一連の流れが瞬時に判断できるスキルはぜひ身に着けておきたいものになります。
今回の講義では、そうした財務諸表を見るポイントを中心に学習していきました。
講義の中ですごく感じたことは、自分なりの財務諸表を見る型を持っておきたいなっと。
これを1つ作っておけば、今後所見を求められた場合に大いに役立つはずですし、なんとなくできる診断士に見えるのではないかと思いました。
よし、早速なんか考えてみたいと思います。

[講義メモ]
・独立してやっていくために必要な3つの力「知識力」「業務遂行力」「生活力」
・財務診断スキルを高めるためには、「決算書」をたくさん見ること
・財務諸表 = 定量的に営業成績が図れる唯一のモノ
・見るポイント:期ごとの増減、数字自体がすごく大きいところ、無くなったもの
・借入金の返済原資:減価償却費 + 税引後利益
・粉飾:売掛金、在庫、設備に現れる
・ヒアリング内容を決める際には、必ず仮説を立てておくこと (なぜ、こうなっているのか、内部/外部環境の変化は?などの視点)
・業界動向・業界用語は、事前に必ず調べていくこと
・質問項目は、5W1Hをはずさない。モレはなくなる
・流動比率が多きすごるのは要チェック・・・不良在庫が多い??売掛債権回転率が長すぎる??
・比較表は1つ1つ増減理由を考える
・見るべき順番は、製造原価報告書 -> 損益計算書 -> 貸借対照表
・売り上げが高くても1社依存の企業はあぶない
・家内工業は強い (ごく短納期案件に対応する差別化がある)
・もうかる中小企業:独特のポジションを築いている。すみわけをして競争にならない分野を探すことが重要
・売れない商品の作り方・・・お客様のことを考えない、アフターサービスを考えない (誰に売るのかを徹底的に絞ること)
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:22 平均点:5.91
前
第2回講義(2012年06月23日)
カテゴリートップ
第6期東京プロコン塾(2012年05月〜2013年03月)
次
第4回講義(2012年08月25日)

受験生必見の受験対策☆☆

今年の中小企業診断士試験を”確実”に合格したい受験生必見です。

合格のためのメンタルビルディングは、「心・技・体をバランスよく鍛え、試験当日に十分なパフォーマンスを発揮して合格する」という考え方に基づいた、メンタル・トレーニングを中心とした受験生向けの講座です。
ただいま無料の体験版DVDをプレゼントしています。

Facebookもどうぞ!

『中小企業診断士の輪』のFacebookページです。
ぜひ、ご参加ください!

メインメニュー

アクセスカウンタ

今日 : 194194194
昨日 : 756756756
今週 : 3091309130913091
今月 : 8080808080808080
総計 : 1679958167995816799581679958167995816799581679958
平均 : 762762762

since 2011/02/08

今後のイベント予定

予定はありません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失